倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS パナソニック LUMIX DMC-G1 にデジカメの新たな方向性を見た

<<   作成日時 : 2008/10/31 00:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

画像
パナソニック LUMIX DMC-G1 というカメラが、10月30日に発売になり、ヨドバシでいじってきた。

このカメラがこれまでのカメラから大きく変えてきたのは、なんと、一眼レフなのに「レフ」の部分であるプリズムやミラーが無く、ファインダーを覗くと液晶画面が見える。
こういう液晶画面がファインダーの中に見えるのは、レンズ交換はできないが高倍率のズームを載せたオールインワン的カメラにすでにあったが、レンズ交換ができるカメラで、というのは初めてである。
フジのを見たがチョット荒くて見にくく、実用的でないと思えた。

それが、この「パナソニック LUMIX DMC-G1」のはかなり良いらしいという評判だったので、確認したかったのだ。

プロ用のビデオカメラのを応用したとかいうそれは、確かに液晶のドットも細かく、実用になるという感じはした。
当然AFもコントラストAFということになるが、早さも充分と感じた。

シャッターを切ると、それまで見ていた絵がそのまま止まって確認の絵になるのも面白い。

フォーサーズの一眼レフは、その画面サイズから、どうしてもファインダーの画像が小さく、遠くに見えるのが欠点だったが、この LUMIX DMC-G1 では、かなり、近くに大きく見える。
この点は良いと思う。
ピントをどの程度確認できるかちょっと分からないが、ファインダーの画像を見ていると、オートフォーカスが動いて、ピントが合っているようだということは分かる。
オリンパスのデジイチE-420やE-520のファインダーよりは、大きく近くに見えるという点で見やすいと言えるかも知れない。これに馴染めるか馴染めないか、良いか悪いかは、これは好きずき、ということになるだろう。
個人的には「これは良いかも知れない」と思った。

マイクロフォーサーズとは、従来の一眼レフの小型化を妨げていたミラーを取り払ったミラーレス構造を実現するためのものだったのだ。

一眼レフ用のレンズを設計する上でのネックらしいフランジバック(レンズマウントから受光素子までの距離)を短くできることにより、小型化と共に、レンズの設計も楽になるらしい。
これが、フォーサーズの特徴をより生かすことになる。設計上の利点をより生かす方向に向かえる訳だ。

現に、 LUMIX DMC-G1用のキットレンズはかなり小さい。
おそらく「よりお手軽なカメラ」という位置づけの物をマイクロフォーサーズが担うことになるのだろう。

4/3型「Live MOSセンサー」は、1210万画素にグレードアップした。
これが一番気になる。
オリンパスの新型 E-3 後継機に搭載されることになるだろう。
これがどの程度の物になるのか?・・気になる。
これを搭載した E-430? とか E-530? ができたらどんな出来になるだろうか?

マイクロフォーサーズによるこの LUMIX DMC-G1は、確かに小さい。
ボディもレンズも小さいし、軽い。
おまけに、三色というのもいいし、その色もいい。デザインも良いと思う。
小さいのに、持った感じもいい。
あの塗装はなんなんだろうか?
表面の感触が独特で、滑り止めにもなっている。

ただ、あの形を「一眼レフ」と呼べるかどうか分からない。レフレックスの部分が無いのだから「レフ」ではないわな、と思うが、相応しい呼び方ができるだろうか?
「ネオ一眼」とか言ってた?

個人的に、パナソニック=ナショナルというのはあまり好きなメーカーではないのだが、ちょっと見直しちゃった、という感じである。

ほかのメーカーが、これまでの「遺産」を引きずっているのに、フォーサーズは大胆に一歩先を行く、というか、我が道を切り開いている、という感じである。
この展開は期待できるかも知れない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「パナソニック LUMIX DMC-G1 にデジカメの新たな方向性を見た」について
「パナソニック LUMIX DMC-G1 にデジカメの新たな方向性を見た」について 今日、コジマ電気で「パナソニック LUMIX DMC-G1」 に45~200mmズームを付けたのを覗いてきた。 フォーサーズ・フォーマットでは焦点距離が35mmカメラ換算で2倍になるため、90~400mmのズームとなり、これは慣れないと使いにくいものだと思う。 「一眼あそばせ」と女性を意識するなら、せいぜい300mm相当に抑えておけばいいのにと思うが、ブレ防止スイッチを入れると、400mmとは思えない... ...続きを見る
倫敦巴里
2008/11/04 23:51
パナソニック
パナソニック株式会社(英称: Panasonic Corporation)とは、日本の総合家電メーカーである。事業持株会社としてパナソニック電工、パナホームなどを傘下に持つ。本社は大阪府門真市。創業者は松下幸之助。 長らく松下電器産業株式会社(まつしたでんきさんぎょう 英称: Mat.. ...続きを見る
商品豆知識
2009/08/14 15:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
問題があった。同じフォーサーズグループなのに、何故かパナソニックの一眼は「レンズ内手ぶれ補正」なのだ。
これだと、専用レンズでなければならず、オリンパスのレンズも使えるが、この場合手ぶれ補正が効かないことになる。
コンパクト・デジカメからの乗り換え、特にCMにもあるように女性用を意識しているのだろう。
オリンパスとの使い分けは「あり」かもしれない。
三日ボーズ
2008/11/01 11:03
私は、今年1月より一眼のニコンD80を試験導入しましたが、G1も魅力を感じます。
商業用として来年あたり購入を考えています。
studio ken
2008/11/02 08:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
パナソニック LUMIX DMC-G1 にデジカメの新たな方向性を見た 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる