倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 不景気を感じられない所

<<   作成日時 : 2008/12/17 21:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

上京したついでに・・というか、こっちがメインかも知れないが・・・有楽町のビックカメラに寄ってビックリ!・・不景気なの?という感じ。熱気に溢れかえっている感じだった。

1階のケータイ売り場も、地下のカメラ売り場も、人が一杯だった。
ほんとに不景気なの?

カメラ売り場で、あれこれいじり回す。
ニコンD700。私にはコレでもでかいし重いと思う。D3は論外。
カメラとしての存在感は・・・ある。
ただし・・音が大きい。コレが良い、のかも知れないが、私には大きすぎる。あの音は憚られる。

・・・マイナスファクターを探して、買えない自分を納得させる儀式・・だろうか?

ミノルタα900。これも凄い。あのファインダーは凄い。ザラつきが無いのにピントの山が掴める。明るい。以前からミノルタのファインダーは見え具合が良かったけれど、その集大成のよう。すばらしい。
カメラのフォルムの自己主張もいい。大きさはニコンD700ほど感じられない。
ニコンD700もミノルタα900も、カメラなのに、持った感じの「剛性感」のようなものを感じる。
オリンパスのE-3も剛性感が感じられる。

ニコンD90。音は尖ってなくていい。力が無さそうな音だけれど・・
ただ、レンズキットのレンズが良くない。チョット見ただけで、広角側の歪曲が大きいのが目につく。周辺減光も大きいのがファインダーでわからう。これはダメだ。
意外と言っては失礼だが、トキナーの明るい広角ズームが、歪曲も少なくていい。ニコン純正より良いかもしれない。
これはキヤノンにも使える。ペンタックスも設計は同じもの。
D90にトキナーの組み合わせなら安く組める。
私には、これくらいがいい。

30歳くらいの女性がオリンパスE-520レンズキット、お買い上げ!
色々値引き交渉を粘っている初老の男性・・・ボーナス少なかったですか?

一眼レフが売れているように思う。
それも、コンパクトデジカメから、いきなり一眼レフに進む人が多いようだ。
「価格.com」など見ていると、写真の「いろは」を知らない人の質問も多い。

そんなこと知らなくて・・・・も、写真が撮れちゃうのだ。今のデジイチは。しかもキレイに。

デジタルの良いところは、写真を撮ろうとする人をカメラがバックアップしていることだろう。

写真の底辺は広がった。
ウチの長女など、美味しいお菓子でも、綺麗な夕日でも、カワイイと思ったら何でもすぐにケータイを取り出して写真を撮っている。
それで終わっちゃってるようで、プリントするわけでもないが、ケータイは「写真を撮る」という行為を、特別な行為でなくした。

写真を撮るのに特別な知識も技術もいらないことになったのだ、ということ。
ケータイやデジカメが、写真を身近にしたし、生活の一部であり、特に意識することのないものになった。
この功績は大きい。
デジカメは、全世界の写真人口を増やしていると思うし、大切な写真を誰でもキレイに残せるようになった。素晴らしいことだ。

フィルムを使う写真は、減る一方だが、写真人口は絶対に増えていると思う。
一眼レフ人口も増えているんじゃないだろうか?

もう一軒寄ったお馴染みの銀座・レモン社。
中古の値段など見る。
ニコンのF5が5万とは!!悲しいぞ、コレは!あのEF5が、だよ!
フィルムカメラはそんなお値段なのだ。

ここも、賑わっている。
こちらは、デジカメブームって、どこ?・・・という感じ。
フィルムカメラが全盛。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
不景気を感じられない所 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる