倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 私にとってデジタル一眼とは・・G1・E-30雑感

<<   作成日時 : 2009/02/19 13:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
・・・なんていう古くさいタイトルはどうでしょ?
パナソニックG1とオリンパスE-30、というフォーサーズ機を立て続けに購入して、私なりに使ってきた感想を。

まず、パナソニックDMC-G1というカメラは、とにかく安い!と思う。価格.comでは5何円台前半である。コンパクトデジカメの新型の値段である。
それに較べりゃ大きいが、写りは別次元。
コンデジだけを持って行って後悔するなら「これ」だと思う。

コンデジで露出やピントなどをあれこれいじるのは、とても面倒な感じがするし、実際に操作は面倒なのだけれど、そういう操作が面倒でなくできるし、前向きに操作してゆこうという気持ちにさせてくれる存在である点が、コンデジとは大きく違う。

ファインダーが液晶ビューファンダーということに違和感は感じない。むしろ心地良かったりする。
このファインダーが、一眼レフとコンデジの間にあるこのカメラの立ち位置を表していると思う。
やはり、カメラはファインダーを覗いて撮りたい。
そうやって、ちゃんと構えないでブレ補正に頼るという撮り方はイケナイ。

ピントは、ニコンのコンデジP5100なんかより早い。早いし確実という感じがする。
ホワイトバランスなども、オートだと過剰と思えるくらい補正してくれるので、蛍光灯下でも電灯光下でも、キチンと写る。ビックリするくらい普通に写る。その方が良いような写真の場合は実に良い。

レンズも、このボディのお値段位してもいいんじゃないか?というくらい良く写る。
これはホント、使ってみたら、意外に点数が高いカメラだった。

もう一つ、オリンパスE-30。
これは、基本性能よりも「アートフィルター」に注目されているが、私はまだ使っていない。
使ってみれば良い物だろうとは思うが、いまのところその気は起きない。
普通の一眼レフとして使いたい。

これは、これまで35mm一眼レフで撮っていたものの代わりと思っている。
どうせ2Lに伸ばせば良い方だから、という使い方。
それにはE-30はボディは軽く、レンズも小さく軽いのは良い。
E-3と迷ったが、あれは本格的過ぎる。「本格的さ」が気分的に負担になることもある。
もし、新型(E-4?)が出て、必要性を感じたらハイエンドに行けばいいか、と思ってE-30にした。
気軽に撮りたかった。
ニコンとかだと、そうも行くまい、と思う。お値段的にも・・・

最後まで迷ったのがニコンのD90。
望遠での動体撮影に魅力を感じたが、これも、連写に重点を置くならコンパクトフラッシュを使う上級機種の方が良いだろう。
それに広角レンズで良いのを探すと選択肢は案外少なかった。沢山ありそうだが、意外に「使える」ものは限られてしまう。
おまけに、広角だとブレ補正が効かないのが殆ど。

まずは、E-30で気楽にデジイチ・デビュー。
オリンパスのハイエンドに行くのか、ニコンに走るのかは分からない。

E-30で撮ったものを六ツ切に伸ばしてみると、なるほど良く写っている。
が、解像感は思ったほどではなかった。JPEGだけれど。
でも階調は良い。
トーンは柔らかく、ネガプリントより良いと思う時もある。
解像感は35mmフィルムくらいだけれど、トーンは豊かで、粒子が無い、という感じ。

面白味は無いが、良く写る。

やはりオリンパスのレンズが良かった。特に「ズイコーデジタル ED 9-18mm F4.0-5.6」が良い。
9mmでの歪曲の無さと、周辺までの画質はホントに良い。
気持ちよく使える広角レンズ。

ただ、液晶画面でのピント合わせに切り替えた時に、このレンズはコントラストAFに対応しておらず、時間がかかるが一応は合うはずだった。それが被写体が動いていると全然合わず、大ボケを連発してくれた。
超広角でフォーサーズだったらボケる方がおかしいくらいだけれど、ボケた。

こういうときに目測ができればいいが、廉価版レンズに「距離目盛り」は無かった。
つまり、マニュアルで使うにはちょっとメンドクサイ、というカメラだ。
高野山の常楽会では「ISO800で、1/15、f4」位の条件だったが、ピントが甘い写真が多かった。
これは、小さいファインダーでは見にくい。微妙なピントを見られるファインダーではない。
どうやって追い込んだらよいものか・・?

結局、自動で撮った所に不満が出てるわけで、だったら手動で撮りゃいいじゃん!という話しである。
自動で撮ることで、やっぱり安心しちゃっているところがある。カメラ任せで。
それで良い場合もあるが、そうでないものは「自分で」撮れ!・・なのである。
もう少しテストしてから本番に望むべきだった。

しかし、それでもデジイチの使いやすさは確かである。
E-30を使って、それはよく判った。
これまで、35mm一眼レフで、自動露出・オートフォーカスで撮っていたのと同様の使い方、それにプラスαの便利さ・良さが確かにある。
これはもう35mm一眼レフの出番はないかな?と思う。

ライカなどの出番は、まだまだあるけれど。
今回の高野山の取材では、実はライカと組み合わせたスーパー・ワイド・ヘリアー15mmというレンズに「やられて」しまった。思った通り、これはいい。

まだ現像が上がってこないが、フィルムで撮ったものに手応えはある。
結局、話しは「そこ」かよ、という話しでございました。

改めて感じたフィルムの良さ。
マミヤ7という6×7フィルムの凄さ。
ライカなどの距離形式カメラの良さと、そのレンズの良さを再認識した。

35mm一眼レフは「切り替わり」かもしれないが、いやいや、まだまだフィルムはやめられない!
フィルムで撮ることができる人は、やっぱり「棲み分け・使い分け」だろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして、ED 9-18mm F4.0-5.6は良いですよね。私も愛用してます。
ところで、このレンズはコントラストAF非対応とのことですが、一応対応していると思いますよ。参考までに↓
>http://digital-faq.olympus.co.jp/faq/1028/app/servlet/qadoc?DI102262
合うときは位相差AFよりかちっと決まると思いますけど、どのレンズでもハイスピードイメージャ AF はとても動体には使いにくいと思います。
G1の方は動体撮影はどうでしたか?出来れば感想を教えてください。
七面鳥
2009/02/19 19:46
14-54mm F2.8-3.5 IIとは、ちょっと違うように思えました。初めて使った時にハイブリッドAFの「パタパタ」になったもので、これは一応使えるけれど、完全なものではないのだな、と思ってました。
また、ボケたのは「動体」というほどのものではなくて、極めてゆっくり歩く人でした。立ち止まってお経を読んで、またゆっくり歩き出す。その止まった瞬間にシャッターを押したら、なかなか合わなくて、合ったと思った瞬間歩き出したら、次の瞬間大きくボケていった・・・そこでシャッターが降りた・・というものです。 その時だけ、手を伸ばして頭上に掲げて撮りました。
結局フィルムカメラに切り替えてマニュアルで撮りました。
「S-AF」モードでこれでは使えないと思いました。もう少しクセを飲み込む必要がありそうです。
G1は、動体というほどではなくても、ゆっくり歩く人には合う感じです。顔認識でロックすれば結構追いかけてくれるようです。AFロックしてカメラを振っても、そのポイント辺りを追いかけてくれる、という芸当もやってくれます。ニコンほどではありませんが。
色々可能性を秘めたカメラだと思います。
三日ボーズ
2009/02/19 20:17
七面鳥さま、ご挨拶を忘れておりました。お立ち寄り&書き込みありがとうございます。
今、E-30をじっくりいじってみましたが「パタパタ」はハイブリッドAFではなく、センサーに光を導く当然の動きでした。
また、ハイスピードイメージャAFの動きもチェックしました。
・・が、あの時何故にあんなにボケたのかは分かりません。
それともう一つ、オリンパス9-18ではモーターの作動音が結構ウルサイですが、G1は殆ど音がしません。
これって、何とも思ってませんでしたが、もしかして、謳ってはいないけれど、超音波モーターか、それに類するものなのでしょうか? オリンパスを聞いた後だと、G1のレンズの音の小ささは何なのでしょう!?
電気屋さんですから、カメラ屋さんにはない何かがあるかも知れません。
それに、G1のAFとE-30のハイスピードイメージャAFでは、圧倒的にG1が早いですね。
7mm始まりの超広角ズームが待ち遠しいです。
でも、マイクロフォーサーズだと、逆に望遠の設計がやりにくいように思うのですが・・・
三日ボーズ
2009/02/19 22:32
ご丁寧にありがとうございます。
展示品を触っただけですが、G1のAFモーターが静かですよね。今日発売のデジタルカメラマガジンにモーターの仕組みが載ってますね。超音波では無いみたいです。
七面鳥
2009/02/20 20:06
小生、G1あきらめ、D80を生かし、トキナーの12−24mmF2,8を追加購入?かな、と考えてます。

既に、コンデジIXY920に、その予備機IXY910があり、910は車に積んだまま、、、。

コンデジの経緯みると、新型の進化はハッキリ判ります、やはり使い易いです。

暫らく、APS−cデジ一眼とコンデジで往くつもりです。

今、F100と300mmF2.8で作品制作中にて、35mmの底力を観て頂きたいとおもいます、。
studio ken
2009/02/23 10:16
七面鳥さま、G1のレンズの記事みました。なるほど!です。やっぱりカメラ屋さんとは違うアプローチができてるわけですね。価格.comの書き込みで、レンズは素性が良いのではなくて、ソフト的に補正してるらしい・・とか?。

studio kenさま、
トキナーの12-24mm f2.8は、もしD90を買うとしたらこのレンズしかないな、と思ってたものでした。
G1の「この先」は分かりませんが、ニコンはダメになることはないでしょうから、レンズは資産になります・・よね?!
使いこなしてこそ、ですもんね。
お互い、デジタルは「主力ではない」という使い方のようですね。
頑張って、フィルムメインで行きましょう。
三日ボーズ
2009/02/24 17:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
私にとってデジタル一眼とは・・G1・E-30雑感 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる