倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 家族写真のススメ

<<   作成日時 : 2009/05/19 12:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

画像
末娘の小学校の卒業式の後に、久しぶりに、写真屋さんで写真を撮った。

以前は、結婚記念日あたりに、写真屋さんで家族写真を撮っていたのだけれど、小僧の野球が始まったあたりから、全員で写真屋さんへ行くのもなかなかできなくなってしまって、夏の旅行先で撮ったりしていたが、その旅行もできなくなって、家族写真を撮る機会を作れなくなってしまっている。

行きつけの写真屋さんでも「マッチャン(私のこと)のトコが最後だよ。もう、ピントが合わなくてさ」と寂しいことを仰る。

実際、町の床屋さんと、写真屋さんは減ってるように思う。
「町の○○屋さん」というものが、そもそも減っているのだろう。

これだけ写真をフィルムで撮る人が少なくなると、やっぱ、しょうがないなぁ、と思う。

でも、子供にアレコレ衣装を着せて、記念写真を撮るチェーン店みたいなのがあるけれど、ああいうのをデジタルで撮ることに抵抗がある。
ホントに何十年も保つのだろうか?

遺影もデジタルになっているが、本当に大丈夫なの?・・・と思う。
銀に置き換えられた写真は、本当に100年保つが、100年プリントは本当に100年保つのだろうか?
プリンターの顔料インクは、どれくらい保つのだろうか?

この、写真スタジオで撮る家族写真というのは、自分では撮れない写真である。
この雰囲気は独特なのだ。
昔は、こうやって写真屋さんで写真を撮ったけれど、今は、誰でも簡単に写真が撮れるようになって、こういう機会をなくしてしまっている。

私は、かなり写真を撮るほうだと思うが、写真屋さんで撮る写真も大切に思っている。

皆さんも、町の写真屋さんで写真を撮りましょうよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
本当に「町の○○屋さん」ってのがなくなってしまいましたね。

しかし、ワタクシが大好きな足尾には、昔の風情が息づいています。
肉は肉屋さん、野菜は八百屋さん、残念ながら魚屋さんだけなくて、それ以外は写真館もあるし床屋さんもあって、コンビニは1軒だけ(それも、セブンやローソンなどのメジャーじゃないもの)です。
ちなみに、鰻屋さん、ラーメン屋さん、蕎麦屋さん、定食屋さん、とあってファミレスは一つもありません。
偏に、人口が少ないから大手チェーン店の毒牙に掛からぬだけなのでしょうが、行く度に「こう言うのって良いな〜」と思うのです。
「町の顔」がちゃんとあります。
つる
2009/05/19 13:47
そうですか、足尾にはそんな風情がありますか。

私が子供の頃から行っていた床屋さんが、数年前に廃業してしまって、以来、私の頭の丸刈りは自分でやってます。知らないお店でやるなら、自分でやるわ、と思って。
寂しいですね。

自分にとって懐かしい風景、身の回りには無くなってしまった町並みなど、残っているなら、それは写真に撮りたいという気持ちが起きてきました。
以前、何かでみた足尾の町は、ちょっと気になってました。
足尾デビュー、しよか、な?

足尾にあるコンビニみたいなのって「ジーブラマート」だったりして・・・?
三日ボーズ
2009/05/19 17:28
妹は昔写真館でカメラマンでした(今は主婦)。
旦那は現役プロです(写真館)。

で、ちと天狗気味?の時の小生は、「スタジオ撮りにもそれなりのテクがある!」、と妹に一喝されたことを思い出しました。

スタジオカメラマン独特の絵、確かに部外者には撮れません、。
大神謙一
2009/05/20 21:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
家族写真のススメ 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる