倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 修学旅行と一眼レフ

<<   作成日時 : 2009/06/10 11:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 5

画像
もうじき小僧が中学の修学旅行に行く。
あいつ、カメラは持ってゆくんだろうか?

コンパクトデジカメを持ってゆくのか、ケータイでいいのか?

今はそんな感じだけれど、自分の時は、中学の修学旅行に行くときにカメラを買って貰う、というのが決まり、のような所があった。
それも男の子なら一眼レフ!

修学旅行の楽しみ感は、カメラを買って貰える、ということで否応なく盛り上がるものだ。

小学校の卒業では、何故か万年筆を買って貰い、中学の修学旅行ではカメラ、というのが決まっている風でもあった。

父親とカメラ屋さんに行き、カメラを買って貰う時の事は今でも覚えている。

ニコンFと、ニコマートFTNがあった。
小学校の修学旅行に行くときに、父の「オリンパスペンS」を借りて持って行ってから、そのオリンパスペンや、キヤノンWsbという距離計式のカメラを使って写真を撮っていたから、欲しいカメラはあった。ニコンがいい、と思っていた。

が、何故か、カメラ屋さんで、憧れの「ニコンF」を横目で見ながら「ニコマートがいい」と言っていた私。
レンズは50mm f2でいい。f1.4もあったが高いことは分かっている。f1.4は贅沢と思っていた。

やはりカメラ好きの父のことだ、私が「Fがいい」と言えば買ってくれただろうと思う。
もしかしたら、自分も使えるのだから「Fがいい」と言えば文句なく買ってくれたように思うのだ。

どうして「F!」と言わなかったのか?
「ニコマートFTN 50mm f2付」が分相応だと思ったように記憶している。
何れ、ちゃんと撮れるようになったら買う、と思っていたような。

でも、未だに「F」は買えない。

あの時「F」と言っていたら、その後の私はちょっと違っていたかも知れない。
それだけ「F」は力があったし、オーラも発しているカメラだった。

実は、その後、父が「ニコンF2」を買ってくれた。
その時も、遠慮して「フォトミック・ファインダー付」でなく、露出計の無い「アイレベルがいい」と言っていた。
どうも、何故か気を遣って、遠慮してしまうようなのだ。
あの時も「フォトミックファインダー付」を買っていたら、写真人生は変わっていたかも知れない。

ずーーっと、セコニックのスタジオデラックスという露出計を使って、ニコンF2で撮っていた。

今、もし、小僧が「カメラが欲しい」と言えば、買ってあげたい気持ちはあるが、今の子供らにとって、カメラは憧れでも、ステータスでもないようだ。
「いらない」と言うのだろう。
で、一応、コンデジを持ってゆくのだろうか?

ケータイのメモリーでも買ってあげれば良いのだろうか?

そんなモンなんだわね、今の子供らは。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
始めましてsugiと申します。NikomatFTnの写真につられて訪問させていただきました。
三日ボーズさんより、たぶん少し古い私は始めて自分で買ったカメラがNikomatFTnでした、レンズはF1.4付きでしたが。
そのカメラは2年ほど前まで現役で(出番は少なかったですが)使っていました。
しかし、一桁にはずっと縁が無く、2年前にNikomatFTnと交換?でやっとF3を手に入れました。
今は趣味で写す写真だけは銀塩で楽しんでいます。
sugi-san
2009/06/10 13:26
はじめまして。
私のニコマートFTN(このNを大文字のまま小さくしたい!)はシャッターが切れなくなってしまいました。もう長い間動いてくれて、今は「置物」です。
50mmも、200mmも、グリスが抜けたようにピントリングはスカスカです。
あの頃のニッコールの特徴だってのでしょうか?
ニコマートの金属製縦走りフォーカルプレーン・シャッターの金属音が懐かしいです。ニコンのガチャガチャも懐かしいですね。
フォクトレンダー・ベッサ L がそれっぽいシャッター音だったりします。
最近デジイチにも手を出しましたが、やっぱりフィルム中心で続きそうです。
デジタルは、やはりツマラナイですねぇ。
年期の入ったFがあったら買いたいなぁとか思いますけど・・・やっぱり買わないですかね。使わないカメラ、というのは考えられないので。

よろしかったら、時々覗いてくださいませ。
三日ボーズ
2009/06/10 14:01
大きな勘違いというか、記憶違いをしていた。
ニコンFと思っていのは「F2」の間違いだった。
ニコンF2の発売が1971年だったから、あの時、既にあった。
併売されていたのか、切り替わったのか分からないが、恐らくF2だったろう。
よって、文中「F」を「F2」と置き換えて読んでくださいませ。
「F2」だったら「F」以上にビビる。
やっぱりチョー相応しくないと思うわねF2じゃ。
「F2は持てない」と思ったろう。
中学生でF2を持っちゃイカンよと思うね、当時の私は。中学生で
三日ボーズ
2009/06/10 18:49
思い出しました。
小生の場合は、親父にCANON FTB(FTb?)を借りて旅行に行きました。
ネガフイルムしか知らない当時は、まだ写真の技術は未熟でした。

この金属製一眼レフは、50mmと70mmの二本セットです、スクリュウマウントが特徴ですが、今は全てカビカビの状態で親父が保管?しています。
使い捨てカメラしか使わない親父の、昔の作品を観るとなかなか、と思いますが、、、。
盆栽、園芸、家庭菜園が親父の現在の趣味です。

わたしの写真の登竜門は、ニコンF4で、継いでマミヤRB67で鍛えられました。
大神謙一
2009/06/11 05:21
キヤノンFTbですか、懐かしいですね。
正に、ニコマートFTNと同時代。同じ、旗艦の二番手、普及版・廉価版。
友達のFTbは壊れてましたが、いかがでした?
あの頃は、50mmが「標準レンズ」で、当たり前のように50mm付でしたが、今だったら35mmでしょうね。
あの頃、よくみんな50mmだけで撮っていたな、と思います。
なんだか、久しぶりに、昔のネガを見たくなってきました。
三日ボーズ
2009/06/13 00:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
修学旅行と一眼レフ 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる