倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS オリンパスE-30+50-200mm

<<   作成日時 : 2009/06/14 17:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
小僧の野球に「オリンパスE-30+50-200mm」を持ち出す。
どうしようかと思いつつ、迷いつつ、エイヤッと買ってしまった50-200。

もともと「ニコンF90X」の代わりになるカメラとして購入したE-30だったから、F90Xで使っていた「80-200mm f2.8」の代わりのズームが必要だった。

また、野球と運動会、自転車レース用にと、シグマの150-400mmのズームも使っていたので、この代わりになる物も欲しい。

「50-200mm」なら、一本でこれら2本分の役目を果たしてくれそうだと思い、必要に迫られて、思い切ってカードで購入。
もうすぐボーナス払いを迫られる。

その前に、キットレンズにもなっている「40-150mm」も安かったので購入した。
これだと望遠側が35mm換算で300mmになるので、これで充分かとも思ったが・・・野球などではチョット足りない。

実は、自転車レースも撮っているのだけれど、このレンズなら、それを撮れるかな? という思いもあった。
果たして、E-30のAFと、50-200mmの超音波モーターは、自転車に追従してくれるか?
先日のツアー・オブ・ジャパンで試用してみたかったが、残念ながら叶わず。

今回、小僧の野球の練習試合で試してみた。

結果・・・

さすがに超音波モーターは速い!
けれども、AFの感じが良くない。
ちょっとピントを外すと、最短まで行って合わせ直しに行くクセがあるようだ。
「ジャーー、ジャーー」と行ったり来たりする。
モーターが速いから、まあ、気にしなければ良いのだが、やはり、カメラが迷ってる感じは気持ちの良いものではない。
AFのモーターも敏感に動くが、AFがちょっと敏感に反応し過ぎるような感じがする。

C-AF、いわゆるコンティニュアスAFという、常に被写体を追い続けるモードが、動きに敏感に反応し過ぎて「ちょっとこれでは使えないな」という感じだ。
動きに過剰に反応し過ぎるようだ。実に落ち着かないカメラという感じになる。

車や自転車など、一定速度で近づいてくるものにどれだけ対応してくれるか、一度試してみなければいけないと思った。
止まっている物には、素早く合わせてくれるが、動き物にはちょっと向かないようだ。

そりゃあ、今となっては大昔のニコンF90Xに較べれば速いが、頻繁に迷わない分、ニコンF90Xの方が使いやすい感じもする。

E-30のAFには、ちょっと期待はずれ、の感がある。E-3ともちょっと違うようだ。
E-3や、その後継機には期待できるだろうか?
期待したいが、私は今、それほどの機械を必要とはしていないし、財力もない。

E-620が出て「これじゃE-30いらないじゃん」とも思ったが、50-200mmクラスのレンズを付けるとさすがに持ちやすい。
それでもやっぱりE-3はでかいと思う。
E-30が丁度良い大きさなのだ、と思う。

今回、動き物のAFに関しては、ちょっと残念な結果になってしまった。
これでは「動き物」に対応できない。

これならば、動き物用に、ニコンかキヤノンの中級機の、現機種の後継機に期待するのが良いかも知れない。
動き物用だけのために一台持った方がよいかも、と思っている。

これなら、パナソニック G1と、ニコンのD90というのが、正しい選択だったか?とも思ってしまうが・・・やっぱりE-30で良かった、と思うことにしよう。

どうもE-620が出て、E-30の立場は微妙になって、今や人気はないようだが、良いカメラだと思う気持ちは変わらない。
私がデジタルに求めるものは、これで充分、である。
これ以上、例えば、フルサイズなどは、負担が大きいと思っている。

簡単に、安定して良い写真が撮れるカメラとして、L判や、2L判の写真、時に六ッ切(A4)にし、また印刷用の原稿にするという用途ならば、充分と考える。
2Lプリントは文句なしである。
良く写るカメラ、としての価値は充分にある。

それ以上は、フィルムで撮る。
デジタルは「写りすぎる」。

ある時、シルエットにしようと思って撮ったら「階調オート」になっていて、暗部の階調が持ち上げられて、シルエットになってなかった、ということがある。
それだけ、良く写るということだ。
「これは潰れるな」と思った暗部のディティールがキッチリ出ていて驚くことが多い。

モニターで見られることも、そのほうが都合がよい場合が殆どで、便利この上ない。

50-200mmズームも、35mmに換算したら「100-400mm f2.8-f3.5」となり、そう思えば小さいし、安い。

ま、要は「慣れ」だけれど、やっぱり、ニコンやキヤノンとはちょっと違ったかな?という感じ。
期待したけど、やっぱり・・・ちょっと残念・・という感じ。
もともと、オリンパスは、AF化に乗り遅れて、一眼レフから撤退した印象がある。
やっぱり、その遅れは取り戻せないのか・・な?

AF性能を追求してきたニコンやキヤノンに、やはり一日の長があったということかも知れない。

そうだ、オヤジ殿のニコンF100に、ニコンの70-300mmのズームを付けたらどうだろう?
このレンズだけを買うなら安い。
ニコンF100ならF5と同等のAF性能があるはずだから、かなり使えるのではないだろうか?
試してみるか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
二コンF100のAF性能は優れている、と思います。
但し、その年代に存在していたレンズとの組み合わせにおいて、と注釈付きになるのでは?と推察します。

現代のレンズはデジ一眼用に特化している為、慎重に吟味が必要と思います。
小生はAF測距点の選択は背面のフォーカスエリヤセレクターを手動で操作して鉄道を撮ります。
自動予測フォーカスは疑問です、使いません。
大神謙一
2009/06/14 21:48
自転車のレースを撮るのに、マミヤ645を使ってました。
去年も「今年が最後」と思いつつ、マミヤを使いましたが、どうも最近限界(体力的)を感じ、かつ、ピントが合わなくなってきたと言いますか、置きピンをしてもタイミングが合わなくなって、歩留まりが悪く、体のレスポンスの悪化を実感します。
回りの皆さんが近代兵器をお持ちなので私も、と思うのですが・・
ニコンF90Xでどうにか撮れていましたが、なにせ、レンズはカビカビ。
今年は、このままオリンパスで行ってみようかな?とは思ってますが、中古でニコンの70-300mmのVRレンズなどあったら、F100で試してみたいと思ったりしています。使えるはず・・・?
三日ボーズ
2009/06/14 22:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
オリンパスE-30+50-200mm 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる