倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS オリンパスE-30で印刷原稿を作る

<<   作成日時 : 2009/07/03 16:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像画像
宇都宮仏教会では「花まつり」の際に、ご寄付をいただいた方へ、お礼のポスター差し上げている。
裏面に、ご寄付をいただいた方、お店、企業の名前が印刷してある、というものだ。
そのポスター(「柱かけ」と呼んでいる)の印刷を、ここ暫く任されてしまっている。
印刷屋に勤めていたということで、宇都宮仏教会の印刷物担当になってしまっている訳だ。

下半分の「書」は先輩各師が書かれるが、写真は、ここ暫く私が自分で撮っている。
本当は「花」と「仏様」を毎年交互に、と考えていたが、ネタ切れで2回連続で仏様になってしまった。

ずっと作っていて、何だか慣れてしまったみたいで感動がない。
仕方なく形にしている感じというか、仕事として「こうすれば、こうなる。こんなもんだろう」と割り切ってやってる感じでもある。写真も「仕事」として撮っているような感じだ。あくまでもポスター用の写真という撮り方。

昨年(右)のモデルは、ウチの文殊様。
精悍なお顔を、デーライトの写真電球一灯でライティング。力強さと緻密な描写をしたつもり。

ハッセル+ツァイスの80mmで撮ったら、そのポジの仕上がりにもビックリしたけれど、印刷したら、またその立体感にもびっくしりた。
もの凄い描写なのだ。これがプラナー80mmなのか!・・・であった。
さすがに「良い!」と言われるだけのことはある。
この描写が、その「良い」と言われることなのかと納得し、ハッセル・・というよりツァイスの凄さを実感した。

かたや今年は、写真のネタが思いつかなくて時間がなくなり、急遽思いついた物(リビングの置物)を、オリンパスE-30に、50-200mmのズームをつけて撮る。

現在、ポジの現像には時間がかかり過ぎて、完全に趣味の世界になってしまったと言える。
写真屋さんに出して、1週間もかかってしまっては業務用には使えない。
(直接フジカラーに持ち込めば、まだ特急の仕上げも可能なのかも知れないが・・・)

今年使った「お地蔵様」は、本来著作権が存在するが、有料の印刷物ではないし、私もノーギャラ。
お許しいただける範囲かも知れないと考え、何せ時間がないので、使わせていただいた。

データはJPEGで撮ったまま。YMCKへのコンバートなど印刷への適正化は印刷所にお任せ。
印刷される写真の大きさは、ほぼA4。
フォーサーズで全然問題なし。綺麗な写真になった・・と思う。
若干バックのボケの部分にノイズが見られるが、これが思いのほか違和感なく、印刷で見ると自然な粒子感とでもいう感じだ。
超軟調の超微粒子フィルムで撮ったような感じ、と言えばいいだろうか?

印刷原稿としては、まだまだポジの方が相性が良い。
昨年撮ったブローニーのポジの方が「仕上がり」は絶対的に良いが、被写体によってはデジタルでも結構良く出るものだと思った。

何せ、便利で簡単。デジタルの方が印刷屋さんもやりやすいものと思う。
これならデジタルも「使えそうだ」・・・というところか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
OLYMPUS PEN マイクロ一眼 E-P1 パンケーキキット シルバー E-P1 PKIT-SL...
OLYMPUS PEN マイクロ一眼 E-P1 パンケーキキット シルバー E-... ...続きを見る
本ナビ!映画ナビ!音楽ナビ!3
2009/07/11 11:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オリンパスE-30で印刷原稿を作る 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる