倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 街の断片(8)お面

<<   作成日時 : 2009/09/29 13:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

お祭りといえば、お面のお店。

祭りに神楽があれば、舞もある。
当然、オカメ・ヒョットコ等のお面がつきもの。

そう考えれば、お祭りにお面のお店があるのは、これはもう付き物、当然のことと言っていい。
・・・そうだ、そうなんだよな、と今、自分でもナットクしてる。

様々なお面を、おもいきり見上げている子供の視線では、どう見えているのだろうか?

色鮮やかなお面が「カッコイイ」「可愛い」などの感情を呼び、夢・憧れが「欲しい!」という、猛烈な物欲に変わる瞬間である。

その気持ちは良く分かる。
自分も子供の頃はこれが欲しかったんだよな、と思うから、ついつい買ってあげたくなってしまう。

でも、子供らよ「これを被った自分を見ることはできない」という現実に、君たちは気づくのかな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
加藤茶にアラレちゃんですね、。
古き良き昭和の時代、と云う事ですね。
大神謙一
2009/09/29 15:32
いやいや、立派な平成。
ここに写ってる子供らはデカくなりましたが。
無邪気に見上げる姿勢がかわいいもんです。
三日ボーズ
2009/09/30 21:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
街の断片(8)お面 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる