倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS ニコンD3S・・だ!

<<   作成日時 : 2009/10/14 17:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

画像
D300に「S」を付けて出してきたニコン。今度はD3の「S」だ。
画素数は上げずに1210万画素。

キヤノンは2110万画素、ソニーも2460万画素という数字で勝負してきているのに、ニコンは1210万画素に拘った・・・?
・・・ということだろうか。
まさか、ソニーから高画素のセンサーが回ってこない、なんていう理由ではないと思うけれど。

高感度性能に磨きをかけたということだろう。
より、高いプロの要求に応える、ということなのだろう。

「屋内スポーツ競技、スタジアムでのナイトゲーム、劇場、ウェディング、日没後の野生動物の撮影、夜の報道現場など、光量に制限があり、しかもフラッシュが使えない場面でD3Sは、プロフェッショナルが絶大な信頼を寄せるD3以上の、幅広い対応力を発揮します」

ヨドバシの宣伝コメントにある通りだろう。

このカメラを必要としている報道の現場などで要求される高感度性能に絞って開発したということだろう。
598,000円というカメラである。
アマチュアがそうそう手に出来るものではない。
「プロの用途」に絞った開発が成されていると考えるべきだ。
高画素なんかより、とにかく高感度!!というニーズに応える物。

逆に、撮影後スグにパソコンで送信!なんて用途には、高画素は使いにくいかも知れない。
必要充分なだけあればいい。
スポーツ新聞の写真などがそうだろう。
細密描写など邪魔。撮れる写真の幅、可能性が広がる方が有り難い、というプロが求めるものを、的確に開発しているということなのだろう。

ISO12400相当で動画撮影。
・・というのも、必要なものかも知れない。
動画も撮っておきたいというのは報道からの要求もあろう。

EOS5DUは、ハリウッドで映画機材として注目されているらしいけれど、そういうニーズにも応える機械ということだろう。

これは完全にプロの物。
デジタルとなり、よりプロとアマの差が現れたということだろう。

できれば、この性能をそのままに「D700S」を出していただきたい。

ま、どっちも買えないけれど。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「D3S」を含むニュースと関連グッズの紹介
イマナビでは「D3S」を含むニュースと関連グッズの紹介をしています。「D3S」に興味があれば是非ご覧ください! ...続きを見る
イマナビ!News&Shopping
2009/10/14 17:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
以前、D80を用いて歌手のステージを撮影し、2Lに伸ばしました。
感度はISO1250、レンズは手振れ補正型。

で、仕上がりは、画は少し荒れが表れますが、まあ容認出切る(小生としては)範囲。
D90は改善されたとの事ですが、特に必要性を感じません。

フイルムなら、中判645、66、67は高画質ゆえにプロ、アマ問わずにメリットあります。
35mm判に比べ、全紙位からハッキリ差が出て、個展などで意味ありました。

さて、デジタル一眼の50万近い値段の、プロ価格カメラ、。
高感度や高画素、耐久性、信頼性を含む製品としての魅力はあります。
しかし、やはり一般人には無用な、過剰な性能ですね。
D300、D700クラスまでが、アマ用の上限みたいです。
大神謙一
2009/10/14 19:49
>D3を超えるISO12800までの常用感度を達成。更にISO102400相当までの増感が可能です。

ISO102400!! 間違いかと思ったら、そうじゃないみたいです。
軍事用暗視カメラになりそうですね。
三日ボーズ
2009/10/15 12:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
ニコンD3S・・だ! 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる