倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 街の断片(20)のぞき部屋

<<   作成日時 : 2009/10/19 20:54   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 1

画像

恥ずかしい写真である。

恥ずかしい物を撮ったという以前に、

アラーキーこと荒木経惟になろうとして成れなかった写真だからである。

アラーキーの写真に憧れて『東京ラッキーホール』のような写真を「自分も撮りたい」と思って、

最もそれらしい新宿の「のぞき部屋」に入った。

女の子が一人で居る部屋を覗くというもので、円形に男が入る部屋が取り囲む。

女の子が一人で・・・する・・・のを覗く。

覗きながら、男の部屋を回る女の子が部屋にきて、彼女が「サービス」をしてくれる。

それは本来は無くても良いはずだからと、断って写真を撮っていた。

その女性には怪訝な目で見られたが、頑として断る。

もちろん、写真は内緒で撮る。

こんなもので良い、満足できる男もいるのか、と思いつつ撮って・・・

・・・で、アラーキーには成れないな、と思った写真である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
いいですねこの絵!
小生も撮りたいけど、いろいろとハードル高く、鉄道に特化です。

以前、若い頃、「プロに成ったら駄目よ、好きな写真が撮れなくなるから。」と茶店のママさんに言われた事を思い出しました。
さて、アラーキーさんは、、、、楽しく見えるけど、、、?。
大神謙一
2009/10/19 21:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
街の断片(20)のぞき部屋 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる