倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 街の断片(22)駐車違反

<<   作成日時 : 2009/10/21 00:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


駐車違反の取り締まりのチェック部分が民間委託になって、事務的になったのは良かったのだろうか?

ちゃらんぽらんな感じがする警察の取り締まりよりは、きちっとしたものになって、

法の下の平等感は増したのかも知れない。

しかしながら・・・

駐車違反の取り締まりが容赦ないものになったとしても、街の構造がそこから変わるわけはなく、

違反駐車をしなければならないケースというものもあるだろう。

心のゆとりで許してあげられる駐車・・ってのはないか?


迷惑駐車は、確かに街の血管の動脈硬化のようなものである。

取り締まるなら徹底して取り締まり、それも都市機能の一部と考えられれば良しとするか。

ただ、街の細かな構造上の問題は、部分的な対症療法では完治しない。

大きな見直しも必要になる。


しかし、不適切で無駄な見直しは、治療の期間(工事のことね)、余計に症状が悪化するだけである。

良い処方を下せる医者が必要なのだが・・・いないのかも。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
街の断片(22)駐車違反 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる