倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 街の断片(14)駐車禁止

<<   作成日時 : 2009/10/07 08:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

画像

どんなオシャレなビルでも、オシャレを売る店でも、コレじゃあ台無しである。

例えば、歩道と車道の区別がこのように「線」だけでは、この線が「駐車スペース」のようにも見えてしまう。

オシャレな道路、というコンセプトなんか、車に乗る者は考えてくれない。

デザインなんてものは、生活する者にとっては、それどころではなく、機能性も上手く考えないと、デザインも生きてこない。

むずかしいものである。

駐車したいという、車側の我が儘は強力である。
所構わずである。

それが、東京のような所であれば余計である。

車が置けそうな「曖昧なスペース」があろうものなら、即、駐車スペースにしてしまう。

駐車される方は迷惑この上なく、停められるよりは、こんな看板の方がマシということだろう。

こんな風景は見たくないものだ。

こんなことをしなくてもいい街、というものは・・・できないんだろうなぁ・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
車社会ですから。
鉄道を興し、今度は道路を造り、鉄道を壊し、車を売らせ、さて次に政治屋さんは何を仕出かすのでしょう?
大神謙一
2009/10/07 20:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
街の断片(14)駐車禁止 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる