倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 街の断片(38)ミラーマン

<<   作成日時 : 2009/11/11 09:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

ある田舎の、とある路地裏に、ミラーマンが倒れていた。

とっても悲しい姿だった。

記憶から消えかかっていたヒーローは、こんなところで、こんな姿になっていた。

ミラーマンは、ヒーローという存在ではなかったかも知れない。

ドラマ性は高かったが、単純明快なヒーローではなく、普遍性は無かった。

デザインが良くなかったなぁと思う。

子供心に、良くない、と思ったものだ。

ウルトラマンも家族になってステップワゴンに乗る。

あんな「普遍性」ならいらない。

ウルトラマンをデザインした成田亨先生の言葉ではないが、

ヒーローはあんなことをしてはいけない。

ヒーローはヒーローでなければいけない。

ウルトラマンのああいう扱い方を見ると、心がざわつく。

オレのヒーローを茶化すな!・・と。


ミラーマンは、最近、痴漢の先生の事件で、名前だけ蘇った。

これが、一番悲しい・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんな風景にであえるのがすごいなと感心します。
風景が三日ボーズさんを呼んでいるのでしょうか?
ミラーマンいい具合に壊れてますね。
足元の洗濯機と頭の上のポールのツタ?なんともいえない雰囲気をかもしだしています。
悲しいんだか、可笑しいんだか、懐かしいんだか、情けないんだか、諸行無常なんだか、とにかくいろいろな感情が湧いてきます。
ミミクリねずみ
2009/11/11 20:08
>悲しいんだか、可笑しいんだか、懐かしいんだか、情けないんだか、諸行無常なんだか、とにかくいろいろな感情が湧いてきます。

いやいや、ホント、仰るとおりです。
私には、ステップワゴンを買って喜んでる「ウルトラ・ファミリー」は、この朽ちたミラーマンと同じようなモノに見えます。
あれも壊れたヒーロー、だと思います。

この写真は、茨城に行ったときに迷い込んだ道で見つけました。
やっぱ、風景に呼ばれた・・・?
三日ボーズ
2009/11/12 00:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
街の断片(38)ミラーマン 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる