倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS シグマ 14mm F2.8

<<   作成日時 : 2009/11/06 14:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

画像
気になっていたレンズ「シグマ 14mm F2.8」を購入。

ネット上で3本の存在を確認していた。
ヤフー・オークションに1本。6万円弱。
三宝カメラに1本。5万チョイ。
マップカメラに1本。6万円弱。
・・ずっと気になっていて、迷っていたが・・

この内、ヤフーと三宝カメラのが相次いで売れてしまった。

で、ちょっと慌てて、残りの一本をマップカメラから購入。6万弱。
このレンズは、1998年末か1999年初頭に出た物で、いつの間にか無くなっていた。
・・・というか、全然気にしてなかった。

どうも、シグマのレンズは、昔のイメージがあって、かなり「安かろう悪かろう」という印象が拭えないでいた。
しかし、最近のシグマは、評価も高く、良さそうである。

既に15mmのフォクトレンダーSWHを持っていた。
実に良いレンズだが、これは開放F4.5。このシグマは開放F2.8である。この差は大きい。

それに、フォクトレンダーのアバウトな外付けファインダーと違って、一眼レフでフレーミングできるレンズという点で、欲しかったのだ。

色々、あちこちの評価を見て「良さそうだ」と思い始め、すぐに気持は「欲しい!」に変わっていった。

もともと1990年頃に出た「14mm F3.5」を改良したものだ。
APSサイズのセンサーなんて物が出来る遙か昔なので、当然35mmフィルム用。
同様に35mmフルサイズ用の12-24mmは、広角側で、普通と逆の「糸巻き型」の歪曲収差が出るらしい。
で、このシグマ 14mm F2.8も、同様らしい。
超広角で、糸巻き型というと、広角レンズの特徴である周辺への引っ張られ感が強調されるが、タル型よりはいい。
タル型は広角感をスポイルするように思うのだ。

14mmというと、キヤノンでは「14mm F2.8LU」があるが、メーカー希望価格307,000円。価格.comの最安値でも216,000円。
コレは、さすがに良いレンズらしいが・・・とても買えません。
「U」でない物の中古でも10万する。

ニコンにも「Ai AF Nikkor ED 14mmF2.8」という同スペックのレンズがある。
価格.comで、169,700円。中古で12万前後。

これはタムロンのOEMらしいが、タムロンだと同じ物が129,799円。
タムロンでもいいが、これは、広角側でかなり歪曲がでるようなので、この中古(6〜7万くらい)の選択肢も無くなる。

そんなこんなで、お値段も入れて考えると、今回のこの「シグマ 14mm F2.8」は、良い買い物かも知れない。

実際に、ニコンFAに着けてみる。
このレンズを付けるカメラはニコンFAか、父の使ってないF100でオッケーのようだ。

確かに、糸巻き型の歪曲があるが、超広角では気にならない。
前玉が異様に大きく、出目金のようである。
ちょっとした魚眼レンズよりもすごい。
保護用のフィルターなんか付けられないので、扱いに気を遣うだろう。
レンズ自体、かなり大きい。
しかし、一眼レフでフレーミングできるメリットは大きいと思う。

これが何故、他のレンズのように、デジタル対応になった物が出ないのか?
デジタル対応であり、35mm フルサイズ対応の「12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL」というレンズがあるからかも知れない。
このズームレンズも気になっていたが、暗いのでやめた。
「シグマ 14mm F2.8」を選んだ理由のひとつは、このF2.8という明るさにある。
このレンズが撮らせてくれるものがあると思う。

デジタルを気にしつつ、相変わらず買うのは結局フィルム用だったりする。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
そうですね、いつの間にかカタログ落ちデスコンですね。
シグマは造る、止める、また造る、改良新型やサプライズ型を、、、
この繰り返しです。

14mmF2,8は確か新品価格は高価でしたね、そのせいもあり小生は同じシグマでもFアイ15mmF2,8を購入した次第。
写真家・内山晟・氏の影響もあります。

魚眼の歪を利用した絵造りで撮るスタイルを確立しました。
さて、通常型の14mmは未体験です。
来年、パナソニック7−14mmF4μフォサーズレンズで体験予定です。
大神謙一
2009/11/06 17:21
発売当時、14万だったんですね。
1999年2月の「アサヒカメラ」に載ってました。

私は「タル型」が嫌いと言ってるくらいで、どうも魚眼は苦手です。
高校の時に初めて使った、ニコンの24mmの広角感が強く印象に残っているのかも知れません。
今まで超広角というレンズにはあまり興味がありませんでしたが、最近ちょっと買ってますね。
レンズの焦点距離=年齢説、ってのがありますが「若返りたい」という欲求の現れでしょうか?
三日ボーズ
2009/11/06 18:29
写真に限らず、・アナログの良さ・は不滅不変でしょうね。

フイルムカメラ、レンズの新規購入は既に中止。
デジタルも来年μフォーサーズ7−14mmとマクロ購入で打ち止めにしたいと思います。
大神謙一
2009/11/06 21:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
シグマ 14mm F2.8 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる