倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 古いニッコール・レンズ

<<   作成日時 : 2009/12/24 21:16   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
オークションで、古いニッコールレンズ「NIKKOR-S・C Auto 1:1.4 f=50mm」というレンズを入手した。ちょっと具合の悪かったものを修理した物のようで、格安だったが・・・・

Ai加工がされておらず、このままでは、手持ちのカメラではニコンF2にしか使えない。

で「フォト工房キィートス」に改造を依頼。
Ai加工用の部品はもう無いので、絞り枠を削ることで強引にAi化する、というもの。

それが上がってきた。
工賃5,250円。いつもながら、良心的料金だと思う。

トータルで1万ちょっとのレンズになってしまったが・・・

かつて、私が初めて一眼レフを手にした時は「ボディ+標準レンズ」で買うのが当たり前で、多くの場合「f=1.4付き」と「f=1.8」付きがあった。

たかが「0.4」の違いなれど・・・・

当然「1.4付き」が高く、これは、厳然たるクラス分け、の感があった。

即ち「1.4付き」=高い方。つまりお金持ち。「1.8付き」=安い方。

私など最下層の「f=2付き」だった。これは最早、地下の住民である。水飲み百姓である。

「f=2の方がコンパクトだしぃ〜」とか言えるものでない。
「リーズナブルぅ〜」というような概念も無かった時代・・・

これはもう「f=1.4を買えるお金がなかったんです」ということ以外の何物でもなかった。

後年「f=1.2付き!」というような、夢のようなものが出たが、それはもう、全くの対象外といえるものだった。
もしかしたら侍には成れるかもしれないが、f=1.2などはもう、お大名、いや、お殿様。
農家なら庄屋様なのである。

同じ50mmである。
何故か、買い増し、買い換えという概念は持っていなかった。

「そのうちボクも自分でお金を稼げるようになったら、夢の50mm f=1.2付きを買うんだ。絶対」というようなものでもなく・・・
一度「f=2」付きを買ったら、同じ50mmを買い足そうという発想は起こらなかったのだ。

それはあたかもインドのカースト制度の如く、初めにf=2を買ってしまったら、ずっと「f=2の身分」である、というような感じが・・あった?

それは「諦め」にも似た思いだった。

だから逆に「写真はレンズじゃねぇーぞ」という、今に見ていろ!的、気持はあったが、何故だろう?買い換えるという発想が無かったのだ。今思うと不思議だが・・・。

その当時、ちょっと憧れた、当時の「50mm f=1.4」を手に入れて、ようやく「ひとり下克上」というか、町人から侍になったような、はたまた、沢山得を積んで、天界に生まれ変わったかの如き状態にある・・・私。

年末に、ちょっと幸せ。

これを「ニコンF2]に着ければ、夢の実現か?とも思ったが・・・
私のF2は「アイレベル」なので、これはもう「Fを使ってたら当然F2もアイレベルでしょ」的な選択ではなかった。

私はNikomatだったので、私としては、着実な、そして大いなるステップアップだったのだが・・・

「アレベル」の選択は、当時はやはり「フォトミックファインダー付き」が買えない人の選択、のような物だったので、F2に着けても、結局「貧乏くささ」からは抜けられず、余計に肩身の狭い思いを思い出すことになってしまうので、FAに着けてみることにした。

ブラック・ボディに、なかなか似合うと思う。
レンズもボディも「いいデザインだな」と思う。

これが、私にとってのカメラなんだな・・・と、しみじみ思う、今日この頃なのでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
やはり「プロ!」という感じでございまする。
私なぞ、「一眼レフ?二眼とか三眼とかあるの?」という人間ですので、初めて買ったデジカメ、はっきりと「バカでも撮れるカメラ下さい」と言って購入しました。
が、撮れない。取説片手に試行錯誤。やっと、遠くを撮るときと近くを撮るときの切り替えのボタンらしきものを発見。なんとか愛猫の写真が撮れました(泣)。キカイオンチには「バカ」以下のものを買わなければいけないのだとしみじみ思いました・・・。
ちびらママ
2009/12/24 23:07
あれ? おっかしいなぁ・・・?
今のデジカメ、シャッターを押せば誰でもきれいに撮れると思うんですけど・・・(笑

ぶ厚い取説を見ると、余計分かんなくなっちゃったりして・・

ケータイと同じで、必要な使い方を人に聞くのが一番だったりしますね。

ウチの小僧が撮ってきた修学旅行の写真は・・・センスの欠片も無いもので、今のデジカメで、どうやったらこういうヘタな写真がとれるか?という写真でした・・(笑
三日ボーズ
2009/12/25 07:35
ニコンF4+Ai55マイクロF2.8S、マミヤRB67P-SD+KL90mmF2.8、
同645AFD+AF80mmF2.8、と標準で始めましたから、
標準レンズの魅力は判ります。

次に広角、そして中望遠、と買い足して行きましたから、、、。
ニコン55mmはAi35mmF2.0Sと共に手元に残して、F4装着にて使ってい
ます。
大神謙一
2009/12/28 21:58
私の場合、ただただ「50mm F1.4」というレンズにケリを付ける、という感じですね。
父は、カメラを買うときに50mmを着けて買うので(ズーム主流になるまでは当たり前でしたからね)、ウチには50mmが何本もあるのですが「1.4」は無かったりします。
ここのところ、その昔、手が届かなかったものを買い続けてる感じです。
中学・高校とニコマートには、50mm F2だけで撮ってました。
その後、いきなり24mm。広角好きはここからですね。
昔のニコンのレンズ、良い感触です。
三日ボーズ
2009/12/28 23:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
古いニッコール・レンズ 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる