倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS オリンパスの新型?

<<   作成日時 : 2010/01/28 19:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

画像
海外のサイトで、新型の予告のような広告があったよう。
なんだか、勿体ぶったいやらしい広告ですこと。

でも、気になるので、アレコレ想像・・・してみるのも楽しい。

GF1みたいな・・キヤノンG11みたいな・・・オーソドックスな形になるのだろうか?
「オリンパス・ペンS」みたいだったら、笑っちゃうけど・・
この写真で見ると、出てくるカメラはかなり小さそうだ。

なんだか「カメラっぽい」デザインになりそうだ。

レンズの上が、GF1より高くなっているのは、もしかして、液晶ビューファンダーが内蔵されるんじゃなかろうか?

もしかしたら、フォーサーズ・センサーを使った、レンズ交換ができない超小型、なんてものも・・・ないだろうか?

パナソニックも、G1・GH1の「次」が出そうだし、楽しみではある。
買えるかどうかは別として。

どうもG1は「在庫処分」に入ったような雰囲気である。

さてさて、どんなのが出てくるのやら。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
>iPhoneでも、電子書籍を読めるサードパーティのソフトウェアはすでにある。Readboxというアプリケーションは最近、日本語にも対応したが、如何せん読める本がない。このままでは、日本ではiPadは「大きめのiPhone」に過ぎない。と池田信夫さんがブログで書いてましたが、権利関係がからんでコンテンツを揃えるのが難しそうですね。
端末にさまざまなコンテンツを流し込むという発想は、特定の内容には特定の体裁が対応するという造本的発想とはまったく逆のものですね。
ただコンテンツがあればいいっていうものでもないですし、その辺のところを考えられる優秀なデザイナーとか編集者が居ないと味気ないものになりますね。安易に音声とか動画がくっついただけでなんだかなというものやクリックするとページがぺらっとめくれるなんて陳腐なものは見たくないですし。
本の技術的な部分、ノンブルがうってあるとか、目次がついてるとか、かなりの速さで、ページをぺらぺらできるとか、別段なんでもないことが、ものすごいことだと感じたりします。


ミミクリねずみ
2010/01/30 18:44
すみません
iPadの記事にコメントしたつもりが間違ってしまいました。
ミミクリねずみ
2010/01/30 18:49
>クリックするとページがぺらっとめくれるなんて陳腐なものは見たくないですし

iPadは正にこれ。指でチョット触るとページがめくれる。・・こういうギミック的なものは要らないと思いますが、取っつきの面白さでしょうけね。

電子化して持ち歩けるメリットのある情報の形というのでしょうか?
こういう機械によって我々は何を得るのか?・・・どう変わるのか?

・・そんなことが、実は誰もよく判ってないんじゃないか、と思えます。
デジタル技術によってできるから作ってみる・・・何だか、そんな感じもします。
グーグルや国会図書館にあらゆる本のデータがあって、そこからデータを集めることができたりすれば・・・便利ですかね?

単なる情報として扱うことができるものと、本という「物」が必要なものと、分けられる・・んでしょうかね?
三日ボーズ
2010/01/30 19:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
オリンパスの新型? 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる