倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS ソニー、ミラーレスAPS-C機投入予定

<<   作成日時 : 2010/02/22 08:43   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

画像
アメリカで開催されているカメラショー「PMA2010」でモックアップが発表された、と「デジカメWatch」に載った。

松下、いや、パナソニックのマイクロフォーサーズを黙って見ているわけないよな、やるならソニーかな?と思っていたが、やっぱり・・・・

モックアップは明らかにモックアップ。
あのデザインのソニーが、こんなお粗末なデザインで出すとは当然思えない。
商品展開は、ほとんどマイクロフォーサーズと同じ。
始めから3色のボディ、とかいうのも一緒。
何だか、芸がない感じがするが、実際に出るときには、もっと「何か」があるのかも知れない。

これにマウントアダプタを付けて、旧レンズを楽しむ向きには、マイクロフォーサーズに付けると2倍の焦点距離相当の画角になってしまうのが、これだと1.5倍相当になるので、より使いやすいメリットがある。

これの問題は、マウントが独自の物になってしまうことだろう。

メーカーとしても、全く新しいレンズシステムを構築することになる。
それは大きな負担だろう。
これは、どのメーカーも同じ。
それぞれのメーカーが、それぞれに新しいレンズシステムを作るなんてのは、デメリットではないか?

それより、ここは一発、プライドを捨てて、各社が同一マウントにする、という史上初の試みに転じてはどうかと思う。

マイクロフォーサーズは、2社間において、規格の統一を図りつつ、個性ある製品を作っている。
まったく別個のようにも見えるシステムが作られている。
そういうやり方もあるのではないか?

現在、カメラメーカーの銘柄の「純正レンズ」に、レンズメーカーのOEMがそれとなく入り込んでいる。
もはや、一部協業化しているのである。

APS-Cのミラーレスカメラならば、全く新しい規格になるので、レンズのマウント統一ということが、今なら出来る、と思うのだが・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ソニーは、、、
独自でやりたいメーカーです!

古くはVHS対βマックス、に代表されます、、、
デフレ時代にその戦略は通用するのか、
今時、SONYブランドの信仰者が如何程存在するか?、、、
面白そうです、さてどう展開させるのか?。
大神謙一
2010/02/22 13:13
例えば、以前出たフィルムカメラの「高級コンパクト」みたいに、レンズ固定のカメラなら、ニコン辺りが出すのも「アリ」かと思います。
例えば、ライカの「X1」がそうですが、それだけで完結するカメラは出してもメーカーには負担が大きくないでしょうが、マイクロフォーサーズみたいなカメラは、ニコン、キヤノンにはメリットはないでしょうね。
これまでもそうであったように、これからも出さないと思いますけど・・・・
ただでさえ、フルサイズとAPS-Cと、両方用のレンズを作ってますからね。
ただ、レンズ交換式のマイクロフォーサーズみたいなカメラは、これまでに無かったものなので、それを、ニコ・キヤノは、どう判断するか・・・?
三日ボーズ
2010/02/22 21:24
これは「撮像素子に「Exmor APS HD CMOS」(24×16mm)を搭載」らしい。
裏面照射型ってやつでしょ?
コレの高感度性能がスティル写真にどう反映されるのか?
これはまた、普通の一眼レフにも搭載されるのだろう。
ソニーは、センサーのメーカーでもあるから・・・強いですなぁ。
三日ボーズ
2010/03/11 17:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
ソニー、ミラーレスAPS-C機投入予定 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる