倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日もまた、桜に群がる人と人

<<   作成日時 : 2010/04/09 21:23   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
花まつりの後片付けから帰ったら、近くの幼稚園生が大挙して押しかけてきた。
暫し、境内が甲高い声に包まれた。

そういえば、かつては、うちの子たちも、来たっけ。

幼稚園に行ったら「これからお寺にお花見に行きます」って言われて、自分ンちに来て、本堂に手を合わせて、幼稚園に戻って、家に帰る・・・・っていうのを、妙に感じつつ過ごしていたのだろう。

本堂の前で「はい、パンパンしてぇー。はい、パン!パン!」という先生がいた。

おいおい・・・


毎日毎日、カメラマンも多い。

もっとも、こんな曇り空でカメラを向けるようじゃぁ、駄目よね。
・・・と思ってみたり。

デジカメかケータイは誰でも持っているから、何でもかんでも写真を撮りたい、という人は増えている。

とりあえず、ケータイで撮っておく、というお気軽な人もいれば、デカイ三脚を構えている真剣モードの人も多い。

そんなのなら、使わない方が良いんじゃない?という感じの、華奢な三脚を使っている人もいる。

何処かの愛好会にでも入っているのか、三脚にカメラを乗せて、リュックを背負って、そこそこの一眼レフ、というご婦人も結構くる。

みうらじゅんさんが、一見さんならぬ「一眼さん」と名付けていた人たちが、相変わらず結構来るのだ。


花まつりの花御堂の出開帳を、普段車を通さないオリオン通りという所に2ヶ所と、大通りに1ヶ所置かせていただいたのだけれど、そこに「お賽銭」が置いてあった。
出開帳の所には、花の種の会社「トーホク」さんからご寄付いただいた花の種を置いてあるが、これが見事に無くなる。
タダの力には計り知れないものがある。

その代わりに、とお賽銭を置いていただいたのだろうか?
・・そう思うことにしよう。

当たり前のように、お賽銭を置いていただく心が有り難い。


会場入り口で、来場者に差し上げた花の種が余っていた。

それを持ち帰って、11時頃から、ウチの本堂の前に「差し上げます。ご自由にお持ち下さい」と書いておいておいたら、夕方には、ほとんど無くなっていた。

「タダ・パワー」恐るべし。

賽銭という喜捨の心と、タダに群がる心・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日もまた、桜に群がる人と人 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる