倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 晴れた日に

<<   作成日時 : 2010/04/15 11:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

画像
三寒四温、どころか、一温一寒一温、ときて、何だか体調も崩れそうな今日この頃、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか?

このチョコチョコと見せる晴れ間に、マミヤ7を持ち出す。

斎場へ行った帰り道など、改良衣のまま、車を降りて撮っていたけれど、通りかかった人は「何だ?」と思ったかも知れない。

「晴れた日に露出を固定して光の当たっているところを撮る」というテーマ。
それを意識してから、青空の日が気になって仕方がない。

これも、意識し過ぎると「こんな良い天気なのに撮れない」というのがストレスになっちゃったりもするだろうから、テキトウに・・・と思う。

ウチの枝垂れ桜も撮っておく。
私が撮る桜の写真は記録写真。

昨日は特に良い天気だったけれど、残念ながら花は見頃を過ぎてしまった。
二日前にこの快晴だったら、どんなに良かったか、と思うが、ホント「おおっ!これぞベスト!!」というのは何年に一度・・・か。

みなさん、頑張って写真を撮ってゆくけれど、本当に作品を考えたら、こんな日に撮っても何にもなんねーべ、と思う。
「自分のカメラで撮る」ということだけで満足ということか。

そんなこと言うのは、目の前に桜があるヤツの贅沢か・・って?

桜を撮るのも、パナソニックの7-14mmは、良い。
特に7mmの画角と、画質が良い。
桜の枝を一杯一杯に入れたりすると、細かい枝を写すわけだから、周辺の画質の悪さが目立ちやすいのだ。
この点でも、パナソニック万歳!である。

こんな素晴らしいカメラとレンズが、電気屋さんで、短期間に開発されたということに驚きを隠せない。

この7mm(35mmカメラ換算14mm)の画角に慣れてしまうと、21mmの画角が「普通」に見えてしまう。
マミヤ7の43mmも35mmカメラ換算で21mm位だけれど「狭い」なんて思っちゃったりする。

35mmカメラ換算14mmで、周辺までこの画質、というのはホントにすごいことだと思うのだ。

それにしても、余りによい天気だったので、調子に乗って、ここ数日でちょっと撮りすぎた。

8本。
現像に1本820円かかる。
おいおい・・・である。

デジタルとフィルムを解像力で比べて、デジタル一眼は、中判を超えた、とか言ってる輩がいるけれど、ホントに写真を分かってたら、そんな単純なことじゃねい、って分かるはず。

デジカメでスクエア・フォーマット(正方形画面)にしたからって、ハッセルとかローライで撮った写真と同じのが撮れるか、と言ったら、そんなワケはない。

フィルムの大きさと、それに合わせたレンズと、レンズの画角と焦点距離との組み合わせで、撮れる写真は違ってくる。
そこに、カメラの使い方の違い、という精神的なことも作用してくるので、複雑なのだと思うわけであります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
フィルムはやっぱりいい!
その事が読み取れる文面にて感動します、、、
・我らフィルム党!!・という感じで今後の記事を楽しみにしております。
studio-ken
2010/04/16 18:04
鍋が恋しい季節となりました(笑
つる
2010/04/17 21:05
天気の良さにフィルムカメラを持ち出して撮っていたせいか、ヘルペスができるほど、紫外線を浴びてしまっていたのに・・・・

・・・昨日は、雪。
今日も寒くて、ジャンパーを着込みました。
暖かくていいな、と思っていたのに、ねぇ。
三日ボーズ
2010/04/17 22:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
晴れた日に 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる