倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS お仕事写真・・・

<<   作成日時 : 2010/05/30 00:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 3

画像

5月22日。
宇都宮仏教会では、毎年「花まつり大会」が終わると、ご寄付をいただいた方々、企業・商店の皆さんへ、名前を載せた「柱かけポスター」というものを作って送らせていただいている。

裏に勧募をいただいた方々のお名前を載せ、表に「書」と「写真」。
どちらかといえば、書がメインである。

ここしばらく、その写真担当になってしまっている。
その前に、宇都宮仏教会の印刷物担当なのだけれど、写真も撮ってしまっている。
それが、去年から、完全に「デジタル移行」になってしまった。

・・・だって、便利なんだもン。

この写真は、仏様と花の写真を交互にしようと思っている。
仏教会だから「仏様」、花まつりなんだから「花」。
毎年のことなので、このことを念頭に撮る。

昨年は仏様だった。
今回は花かな?・・・と思っていたら「書」が、そのものズバリで「花が咲く」!
これはもう「花」しかない。

「花が咲く」という書のイメージ写真、と言われても案外難しいものだ。

書の邪魔をしないイメージの写真、というのがヤヤコシイ。

春になると、回りが花で囲まれ、とっても綺麗なお寺がある。先だって亡くなられた、ある住職が育てた花が境内中に溢れるのだ。

そこへ行ってみたが、もう、春の花は大方終わり加減だった。

ツツジとボタンが花盛り。

「花が咲く」というと、赤い花が元気良く咲いている感じもするが・・・・
赤いボタンの大きな花は、何だか「欲があって元気」というイメージが浮かびそうでやめた。

かといって、白いボタンも「花が咲く」のイメージに合わないし、撮るのも難しい。

アレコレ、色々撮って、ご覧のような写真を最後に見つけて撮る。
「これか?」という手応えがあった。

赤い花は手前に置いて、ボカす。これで「花が咲く」のイメージ。
白い花が、やはり仏教的。ちょっと赤味が入っている所なんか、良くね?・・・なんて思いながら。
晴天だけれど、雲が時折太陽を隠す。その光の変化で何枚も撮る。

デジタルは、ここで、ピントやアングル、露出をチェックできるのがよい。

撮り直しが利かない、時間のない写真は、デジタルに限る。・・・・を実感する。

カメラはオリンパスE-30。
レンズは50-200mm。

撮った写真は、パソコンでチェックして2枚に絞り、2Lにお店プリント。
そこから、1枚を決め、コンビニのカラーコピーで原寸にトリミングして拡大。
完成のイメージを決定する。

写真のデータをUSBメモリにコピーして、印刷屋さんに持参。
これだって、ホントならメールでもいいのだが、印刷原稿についての説明もあったので、持参した。

データはJPEG。
昨年の経験で、ちゃんと撮れば、A4位ならJPEGでオッケー。
RGB→YMCK変換などの印刷適合は、印刷屋さんのオペレーターにお任せ。
ホントに素のままのJPEGデータを付けただけ。

昨年も書いたけれど、センサー特性でノイズが多いと言われるオリンパスで撮ったものは、実は、ノイズが程良い感じに粒状感のようになっていて、それが、フィルムで撮ったような感じになるのだ。
実に良い感じで、ノイズ、というような違和感など全く無い。

あるプロの方が「RAWから加工していって、それが終わったところで最後に少々のノイズをのせる」と言っていたのは、こういうことか?と思う。

デジタルデータからの印刷は黒が締まらない、と思っているが、この写真は、明るく撮っているのでその感じがない。

去年もそうだが、今年も、仕上がりが良いので驚いている。

こりゃ、やっぱり、依頼写真は、デジタルかぁ?・・・・という感じである。

画像


←こーんな写真だって一応は撮れるのである。

普段は、自分から進んで撮る被写体ではない。

自動化で怠けて、うっかり、絞りを開けるのを忘れ、プログラムで撮ってしまった。
ちょっと背景のボケ方がウルサイ感じになってしまった。

気合いが入ってないと、そういうことにもなる。
でも、ボケ方の素性は悪くないレンズだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
宇都宮仏教会・花まつり、お礼のポスター
宇都宮仏教会では毎年、花まつり大会のために、宇都宮市中心街のお店や企業、葬儀社・石材店などに浄財のご協力をいただいている。 毎年、それらの皆さんの所へお伺いして、浄財をいただくことで、運営している。 ...続きを見る
倫敦巴里
2011/06/04 00:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
いつもながら、写真全般に及ぶ貴方の知識の深さと行動力に感心致します!
小生のブログ(ソニーのミラーレス等)ではそこまで突っこめませんから、、。
studio-ken
2010/05/31 18:33
仏教的知識が乏しいので、どうしてもハスや菊や彼岸花を思い浮かべてしまいます。
それにしても、三日ボーズさんの万事にこだわる姿勢が見事ですね。
三昧という感じがします。
私もカメラにもっと詳しくなったら、仕事の腕も上がる、、、かなぁ。

印刷ですが、、データから分版する際に使うソフトウェアが進化しているのも大きいと思います。
紙にはある程度以上のインクは乗りません。
そのため4色(フルカラー)印刷をする場合には、溢れる分を削ったり黒に置き換えたりしたもので版を起こします。
他にもありますが、こういった部分の精度が上がってきたので、
今は写真集もフルデジタルで作れるようになったんです。
Hide
2010/06/01 22:18
studio-kenさんに褒められて答えに窮しているうちに(褒められるのに弱い)、Hideさんにもコメントいただいてしまって・・・

思い出しました「インクは、100%×4は無いよ、乾かないから」と言われたような・・・?
YMCで重なった所をスミに置き換える?・・んでしたっけ?
印刷屋勤務時代に、製版屋さんに聞いたように思います。
聞いたんですが理解できませんでした。

デジタルからのスキャン→印刷も、これまでの4色分版に近いような感じになっているんでしょうか?
で、そのうち、デジタルがベスト!ってことになるんでしょうね。

ただ、やっぱり、デジタル一眼のカタログは印刷の良くないものが沢山あります。
三日ボーズ
2010/06/01 23:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
お仕事写真・・・ 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる