倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS ライカ、フィルムカメラ撤退

<<   作成日時 : 2010/06/19 16:57   >>

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 3 / コメント 2

画像
「アサヒカメラ」の今月号。
ライカ社が、既にフィルムカメラを作っていない、と明言したという。

「銀塩ライカ、撤退の衝撃」・・・・

「そうか・・・・」と、ひと言つぶやいて、手元のコーヒーを「ズズッ・・」っとすすり、飲んだ。

そしてもういちど「そうか・・」と、心の中でつぶやいた・・・。

でも、驚きはない。仕方のないことだ。

今の今まで続いていた、ということが驚きと言えば驚きである。


日本製一眼レフが世界中のシェアを圧倒した時、ライカ社は経営の危機に瀕していた。

ライカは、日本のミノルタと提携して、小さい35mmカメラをつくり、一眼レフを作った。

ライバルの力を借りたわけだ。

恐らくは、生き残るため・・・。

第一線の売れるカメラは日本製。・・・これは今も変わっていない。

日本が常に技術もマーケットもリードしてきた。

一眼レフの時代から、ライカ社は、ずっと後塵を拝してきたわけだ。

しかし、ライカには「文化」があった。

技術の背後に確固たる文化があった。

それは、他のドイツ製工業製品と同様に、である。

ベンツしかり、BMWしかり、である。

ライカの35mmレンジファインダー機は、他が作れない物である。

世界で初めて、そのフォーマットを含めてライカが生み出したもので、

戦前から、その工業技術の高さを世界に知らしめていたものである。

その文化と、それに裏打ちされた自信と、確かな技術があった。

それがライカ、だった・・・。

ライカを使う、というのは、ある時から「趣味の世界」になっていた。

高価なカメラを使う、ということが、必ずしも必然性を伴うものでは無くなっていた。

使いにくいカメラを使って写真を撮る、ということと、持つことの喜びを求めるカメラとなり、

「趣味のカメラ」の代表格となった。


父が「いつかはクラウン」という言葉通り、クラウンを乗り、今はベンツに乗っている。

死ぬまでに一度乗ってみたいといい、乗っている。

車とカメラが好きな父は、当然ライカを手に入れた。

以前思い切って買ったとき、ボディはカナダ製、レンズはポルトガル製だったのを見て、

ガッカリしたのだろう、間もなく売ってしまった。

やはり「ドイツ製」という拘りがあったに違いない。

やがてM6を手に入れ、最近M7を手に入れた。

M6は私のところにきた。

不意に。あっけなくライカ・オーナーになってしまった。


やはり、これは素晴らしいカメラである。

私が手に入れたのと同様、趣味のカメラであるライカは、もはや、中古市場で充分なのかも知れない。

フィルムに拘る、というより、ライカに拘って写真を撮る、という人は、極少数である。


幸いにして、日本の「コシナ」が、頑張ってライカの血を繋いでくれているように思う。

ライカを追い抜いた日本の中に、

ライカを目指して、時流に反した生き方を志すメーカーがあることを、

とても心強く思う。

父から貰ったライカM6を使って、35mmは、コシナのレンズで楽しみたいと思っている。


35mm一眼レフで撮っていたものはデジイチに移行のつもりだけれど、

新たに、ライカで撮る35mmの世界、というものをポジを使って見つめてゆきたいと思っている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ライカを10倍楽しくする
ライカに関連した記事ってネットには沢山ありますよね、最近私がライカ関係で見ているブログはコレです。よかったら皆さん参考にしてください。ライカ、フィルムカメラ撤退 倫敦巴里/ウェブリブログ倫敦巴里のライカ、フィルムカメラ撤退に関する詳細記事。(PoweredbyBIGLOBEウェブリブログ)「アサヒカメラ」の今月号。ライカ社が、既にフィルムカメラを作っていない、と明言したという。... ライカのデザインはあいフォンG4より美しいか?: PEN PEN チョートク ...注目すべきは、いふぉんG4... ...続きを見る
ライカ
2010/06/24 14:21
たかがライカされどライカ
何気にはまってるライカ。インターネットには沢山のライカに関連したブログやHPがあり、つくづく見るほうもどれを見ていいか分かりません。 ブログなんかだいぶ前に書かれたもので今参考になるのかなと思いますが、それでも見てしまいます。鏡の中のライカ: PEN PEN チョートクカメラ日記しかしこの鏡のライカの場合、最初から通常のライカがあまりにも有名なので、それを鏡に映したモデルというのに、ブラックユーモアのスポットライトが当たるので、それが良い。普通の無名のカメラを左右、逆に作っても誰も感激しない。... ...続きを見る
ライカ
2010/06/27 13:13
ライカ・・・気になります
ライカについて気になりだしたら止まらない!調べまくって見ました。やはり単純にライカと検索しただけでも結構ヒットしました。その一部を公開アムゼルくんの世界 Die Welt des Amselchens : ライカでライカドイツの光と風と水【使用機材】SigmaSD14,DP1,LeicaDigilux3,OlympusE-520,LeicaR7,NikonF3HPetc.... NEX-5 ライカMマウントアダプタの記事(デジカメWatch)YOUのデジタル ...ライカの現行レンズであるスー... ...続きを見る
ライカ
2010/06/29 13:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 知人のカメラ系ブローカーがライカも売ってまして、、、
大判カメラも売ってるそうで、、、北海道の特産品も勧めてくるそうで、
二年前はM6をこきおろし、また今、M6べた褒めで販売してるらしく、、、
小生には何故か近ずいて来ませんから不思議なんですが、
写友は顔見るのも嫌だと申しています。

それほど、中古で売り易いカメラなんでしょうね、、、
個人的には、ニコンF4があるし、カメラはもう買わない(買えない)のですが、、、
話題として面白いです。
studio-ken
2010/06/19 20:08
ライカの中古のお値段は、これから下がって行くのか、上がるのか?

デジタルになって、古くなったカメラ自体の魅力が皆無に近くなってしまった今、まだまだライカ等の「古くて・使える」物の価値は上がるでしょうか?

私は、カメラ初体験がオリンパス・ペンSで、本格的に使い始めたのがキヤノンWSbというレンジファインダーだったので、M型ライカにはすんなり入って行ける、というか、懐かしい物でもあったりします。
実用なら、ベッサですが・・・
思えば、ペンSも、キヤノンWSbも、父から譲り受けたようなものでした。
M6も、同様に父から貰ったので、ずっと使って行こうと思っています。
三日ボーズ
2010/06/19 22:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
ライカ、フィルムカメラ撤退 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる