倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS ソニーα55、α33、突如現る

<<   作成日時 : 2010/08/25 14:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 6

画像
「祟り」の問題で頭抱えてた間に、あれれっっ・・!っと現れていた、ソニーの新型デジタル一眼レフ。
α55とα33。

これの目玉は、以前にちょっと噂になっていたかも知れない「ペリクルミラー」だった。
「ペリクルミラー」というのはキヤノンの物で、以前 EOS-RT というカメラに装備されたが、その後、同様のカメラは出てこなかった。

ソニーは「トランスルーセントミラーテクノロジー」と言っている。
半透明(・・というのは違うな・・)光の何分の一かを反射し、残りを透過させるもの。
つまり、これまでバタバタ動いていたミラーが固定されるわけだ。

ミラーの稼動がないということは、一眼レフの特徴である、シャッターが切れる瞬間のブラックアウトがないということだ。

連写の際も、動かないから、機構的にAFの追従もさせやすいし、メカの負担も、メカによる連写のロスも無い。

これにより「秒間10コマ」の撮影が可能になっているという。

そして、動画を撮るときも、センサーによるコントラスト検出でない、TTL位相差検出方式AFが作動するから、ピント合わせもスムーズに行なわれることが予想される。
ライブビューの際も、ミラーがパタパタすることなく、そのままスムーズにセンサーの捉えた画像を見ることができる。

センサーは約1,620万画素、APS-Cサイズの「Exmor APS HD CMOS」。

新たに光学ファインダーの代わりに採用するEVF「Tru-Finder」(トゥルーファインダー)は、視野率約100%の確保を特徴とする。
また、デジタル水準器をオーバーレイ表示するなどの機能も利用可能。撮影前にホワイトバランスやクリエイティブスタイルを適用したプレビューが可能。

え?一眼レフでEVF、来ちゃいましたか?!・・もう!。

でも、動体撮影を目玉にしているが、液晶特有の「時差」は大丈夫なのだろうか・・・?

それにしても、新テクノロジーの「てんこ盛り」状態。
ソニーの底力! 総合力!・・・を見せつけられることになるのか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【毎秒7コマの高速連写】デジタル一眼レフ「α33」
半透明(トランスルーセント)ミラーを採用することで、ミラーアップ&ダウンをなくし最高7コマ/秒のAF撮影や、動画撮影時でも高速な位相差AFを行える。 ...続きを見る
ぱふぅ家のサイバー小物
2010/08/25 22:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
・EOS-RT・は確か、一部で評価されていましたが少数ですね、、、
問題もあったみたいでしたが、ニコン派の小生は当時は感心が無かったです。
SONYが今度リバイバル?ですかね。
新しい挑戦で、ニコン、キャノンに対抗ですね!
studio-ken
2010/08/25 18:46
ファインダー画像を2分割するために、ファインダーは暗くなって、露出は余計に掛かる、という点がデメリットでしたが、それにもまして、ブラックアウトの無いファインダーは素晴らしかったです。
ズームレンズの性能、特に歪曲が酷くて、これじゃ使えないと、思い留まりまりた。
高速連写も、AFも、ペリクルミラーをそれほど生かせてなかったみたいですね。
動体AFは論外的存在だったミノルタが、ソニーとなってどういう性能を見せてくれるのか、楽しみではあります。

ファインダーもEVF、デジタルセンサーで高感度もオッケーなら、EOS-RTの時に感じたデメリットは解消されたことになるでしょう。
三日ボーズ
2010/08/25 19:41
「価格.com」に触った人の報告あり。
連写の時のファインダー像はチラつくそうです。
な〜〜んだ。
三日ボーズ
2010/08/25 23:40
山岳写真家の磯貝猛氏(55)が山で滑落死だそうです、。
現在氏のホームページにはアクセス集中で見る事が不能です。
 小生の知る範囲では、岡田昇氏もH14年・2月に奥穂高にて遭難不明ですから、、、

使用機材の一つはSONYのデジタル一眼レフα900だったような、、、
好きな仕事で命を失う危険大の山岳取材は大変ですね。
逆にそこまでして打ち込む仕事がある人は幸福かも知れません。
studio-ken
2010/08/30 07:45
磯貝猛さんは、お名前は存じておりました。
山は、ベテランでも、文字通り一歩間違えば命を落とす危険と隣り合わせですね。
危ないけれど、やはり大自然の魅力は素晴らしいものがあります。
小さな山に登っただけで感動しますからね。

岡田昇さんは、よく存じていました。
結局、見つかってなかったんでしたか・・?
クライマーの写真を撮ったりしてましたが、クライマーより体力も技術もありそうな方でした。

山の自然が雄大・偉大であるだけに、それはちっちゃなフィルムには収まらず、白川議員さんのように4×5を担いで山登り、という、とんでも無い努力をしてカメラに収めることで、私らも感動を共有できるんですよね。
彼らの命懸けの作品なんですよね。

三日ボーズ
2010/08/30 22:13
なぁ〜〜んだ、撮影中のファインダー画像も、きっちりブラックアウトしますね。
ってことは、この透過型ミラーのメリットって、ミラーの駆動がない、ってことになるの?
ツマンナイ・・けど、面白いカメラであることは変わらない・・か?
三日ボーズ
2010/09/10 22:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
ソニーα55、α33、突如現る 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる