倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS そうきたか、富士フイルム!

<<   作成日時 : 2010/09/20 21:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
富士フイルム、APS-Cセンサー搭載の「FinePix X100」を海外で開発発表・・とな。
そして、驚きのデザイン!!

こう来たか!!・・である。

オリンパスE-P1が見せたオールドカメラの雰囲気を持たせたカメラのデザインは、例えばフォルクスワーゲン・ニュー・ビートルとか、新しいフィアット500とかの、古い雰囲気をもったラインを残しつつ、新しいスマートさ、洗練された線を描き出すものでけれど・・・

まさか、ここまでオールドスタイルを模す方向に出るとは。

クラッセとか、 GF670 Professional の感じがあったので、その延長ともいえる。

しかし、驚きのデザイン。
何処かで見たようなパーツが組み合わされ、全体にも何処かで見たようなデザインだが、しっかりオリジナル。
それも、ちょっと洗練されている。
これは、いい!

以下「デジカメWatch」よりの抜粋。

発売は2011年初頭を予定。
ドイツで21日に開幕するイベント「フォトキナ2010」にあわせての発表。

APS-Cサイズの撮像素子と焦点距離23mm(35mm判換算35mm相当)F2のレンズを採用するレンズ固定式のデジタルカメラ。

最大の特徴は「Hybrid Viewfinder」と呼ぶファインダー。
Hybrid Viewfinderは、逆ガリレオ式の光学ファインダーを基本としながら、ブライトフレームの代わりに144万ドットの液晶パネルを配したもの。その液晶パネルからの映像をプリズムを介してファインダー内に取り込み、接眼レンズに導く仕組み。

影者は「optical viewfinder mode」と「viewfinder mode」を切り替えることが可能で、後者では撮像素子のスルー画を確認ながら撮影できる。

撮像素子は、1,230万画素のCMOSセンサー。周辺光量不足を補うため、センサー周囲のマイクロレンズをレンズにあわせてオフセットさせたカスタマイズ品としている。HDムービーの撮影にも対応。

レンズは6群8枚のFujinon(Aspherical)レンズ。最短撮影距離は10cm。絞り羽根は9枚。NDフィルターも内蔵する。絞り操作は、レンズ部外周の絞りリングで行なう。

・・・私としては、この35mm相当で F2のレンズと、APS-Cの高感度が欲しい。

それにしても「Hybrid Viewfinder」など、よく思いつくものだ。
スゴイよ、日本の力!!

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
これは買わせるデザインですね、、、
上から見ると・クラッセ・みたいで、。

しかしデジ一眼と組む時は、GF1みたいな小さめで補佐できるモノが良いような、、、
これはもう贅沢な・コレクション・的な存在?と思います。
007
2010/09/21 05:14
これが、フィルムカメラだったらいいんですが・・・(笑)
三日ボーズ
2010/09/21 06:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
そうきたか、富士フイルム! 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる