倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 暑かろうが・・野球

<<   作成日時 : 2010/09/06 18:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

画像
小僧の高校は、土曜日が文化祭で、その代休の今日、同じ代休の高校と練習試合。
時間があったので、見に行く。

が、小僧はベンチ入りできず、ボールボーイだった。
(なので、この写真は小僧ではありません)

午前中の試合で登板したものの、小僧を含む3人が投げて、メッタ打ちを喰らったようだ。
確か、15対2だったか・・

午前中はメッタ打ちで、午後はベンチ入りできずじゃ、今日は機嫌が悪い・・か。

それにしても、この暑さの中で、一日2試合!である。
驚くべき体力。

もしかして、やっぱり、頭のネジが何本か抜けているのだろうか?

午後は、場所を変えて、プロ野球もできる宇都宮市・清原球場。
ここで、練習試合というのも、贅沢な話し。

応援も無く、観客も、僅か。
しかしながら、選手たちの声が良く聞こえる。
監督の声も、選手の声も、良く響き、息遣いまで聞こえてくるようで、これが良い。

私は、球場で写真を撮るポジションを見つけることと、写真の練習のつもり。
写真も訓練なのである。

小僧が中学3年になった辺りでデジカメになったが、それまではフィルム。
フィルムでこういう写真を撮るのは緊張する。
シャッターを押したら、それは記録されてしまう。
あとで、ネガ現像だけして、選んでプリントすればいいのだけれど、面倒なので、同時プリントをしていしまう。
・・・どっちが良いか?・・である。

フィルムを使って撮るときに、集中して、無駄打ちを少なくして・・・という緊張が、なかなか良いものでもある。

しかし「こういうのは、やっぱりデジタルだわなぁ」・・と思う。

撮って、すぐに確認できることの有り難さ、である。
これができれば、写真の歩留まりもアップし、良い写真への近道であると思う。

ピッチャーの写真でも、タイミングをすぐ確認できる。
確認して、タイミングをズラせばいいのだから、便利なものである。

バッティングの写真も、楽しい。

打つのか、見送るのか、瞬時の判断でシャッターを切るか、切らないか。
一瞬の判断である。
撮る方も、反射神経の勝負なのだ。
スポーツの写真は、こちらも運動神経で撮っているようなもの。

それにしても、現状で、まだタイミングが思うように合わない。

オリンパスE-30は、タイムラグは少ない方だが、感覚的にちょっと「違う」。

これを厳しく要求すると「トップエンドの機種が必要」ということになってしまう。
機材ではない!・・と言い切れないものがあるのだ。

これは、感覚的なものでもあって、説明しにくいものがあるが・・・
E-30 のような中級機種では・・・

頑張って頑張れば、ある程度の歩留まりで、ある程度の写真を撮ることはできるが、それ以上の歩留まりと、良い写真、というものを求めると、それは、やっぱり「上級機種」という範疇に入る。

トップエンドの機種ならば、それほどに頑張らなくても、歩留まりは良くなる。

勿論、良いカメラを使えば誰でも撮れるというものではない。

なぜそれが必要か、と思い、それをどう使うか、という、ある程度の使いこなしができる、という条件は付く。
そういうことが分かる位の「腕」は必要ということ。その上での話し。

私の場合、オリンパス E-30 なら、この掲載した写真のようなのが、100分の1の歩留まり。
つまり、100枚撮って1枚くらい。
2枚あれば良かった良かった・・というのが現状。

偶然も含め、頑張れば、これが3倍〜4倍くらいにはなるかもしれないが、それ以上は・・・
もうちょっと、シャッターの感覚の良いカメラが欲しくなる。

オリンパスE-30は、そこそこタイムラグが少ないと言っても、シャッター作動時間のどこでホントにシャッターが下りているか、ということが掴みにくいのだ。
シャッターの切れているというか、シャッターが作動している時間が長いといえばよいだろうか?

上級機種と較べると、切れない包丁で頑張って切っているような感じがする。
テクニックの上達ではカバーしきれないものがある。
これ以上は「道具」を選びたい・・というポイントが確かにある・・と思うのだ。

テクニックの研鑽・上達の頭打ちを喰らうあたりからオーバーラップして、上級機種の救いがあるのだ。
「誘い」と言っても良い。

だから、プレスの写真のようなのを撮りたいと思わず、ある程度我慢して「こんなとこでよかんべ」という判断をしないと、フラストレーションが溜まってしまうのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
で、今日、ヨドバシに行って、いじってきた。
ニコンのD3!・・・これは別格だわ。E-30とか、D90とかだと、シャッターの作動時間がバッターのスイングの幅であって、いつシャッターが切れてるのかわからないが(特にミラーが上がるまでの時間が長い)、D3のシャッターは「一瞬!」という感じ。バッターのスイングの中の何処か一部にブラックアウトの一瞬がある、という感じになると思う。これはスゴイ。
キヤノンEOS1も良いが、D3ほどの切れ味はない。
D300は、D90と較べると全然違って、D90以下とは別格の印象。
D3程ではないが、近い物がある。
スポーツを撮るならD300だわね。
D3は買えっこないが、D300なら・・・
三日ボーズ
2010/09/07 21:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
暑かろうが・・野球 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる