倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS いィ〜つのォ〜ことォ〜だか、思い出してごォ〜らん

<<   作成日時 : 2010/10/04 11:26   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
先週の土曜日、早朝「ドパン!ドパン!」と花火が鳴った。
「なんだ、なんだ?」と思ったが、それは、近くの幼稚園の運動会の花火だった。

園庭が狭いので、近くの小学校を借りてやっている。
その「今日はやりますよ」という合図の花火だった。

でも、この幼稚園に限らず、今や幼稚園は、バスを使ってかなり広範囲から園児が集まっている。
時々街の中を車で走っていて「こんなとこまで来ているのか!」と驚くコトがある。

だから、この辺では、開催の合図に花火を使うのは当たり前なのでやったとしても、これが聞こえるのは、園児の家庭のごく一部。

あとは、ま、晴れれば開催。パラパラ雨など、微妙な時には「連絡網」になるのだろう。

早朝、試合があって早く行くという小僧を車に乗せて出発すると、小学校の方から車が連なって来る。
「場所取り」を終えた、主にお父さんたちが、いったん帰宅するのだろう。

そういえば・・・・

と、懐かしく思った。

・・・そんなコトがあったっけ・・・

場所取りにもルールが作られて・・・
前日から場所取りをしておくのはダメ、6時の花火が鳴ったら一斉に行く。
それまで、校門の外に、ブルーシートや折り畳みのテーブルなど持って、お父さんたちは待っている。
楕円のトラック&フィールドの回りにシートを敷いて、日陰になるところにテーブルを置いて、とか、やってたもんだ。

早くに場所取りする人に限って、トラックの縁に広〜く場所取りしちゃったりするもんで、
遅れるとドンドン離れちゃう。
実際、覗いてみたら、すごいお客さんだった。

孫を撮ろうと張り切るお爺ちゃんが、一眼レフの一式を抱えて張り切っている。

私なんて、三脚にカメラを2台乗せるステーを使って、一眼レフとビデオをそれに乗せて、同時に撮る、という芸当をしていた。
その気になればできる!のだ。

・・そう・・「その気」になっていた。
気合いが入っていたのだった。

特に、長女の初めての運動会は印象に残っている。
自分の娘の愛おしさ、というのはこういうものか、と思ったものだ。

幼稚園の運動会・・・
ここには、沢山の「幸せ」がある。
ここは、沢山の幸せと希望に満ちた空間なのだ、きっと。


それにしても、ちっちぇ〜なぁ〜・・・子供。

これが、みんなデカくなるんだわな、と思う。
しみじみ思う。
激しく思う。

遂にとーちゃんを抜いて、まだ大きくなりそうな小僧なんかも、あんな時があったんだねぇ・・と思う。
年少の時には、アンパンマンのお面を頭に着けて踊っていた。
妙にお遊戯の出来が良かった。
「ちゃんとやってるじゃん」と思ったものだ。

「おとうさん」と言えなくて「おとちん」と言っていた小僧。
とーちゃんが視界から無くなると「おとちん・おとちん」と言って泣いていた小僧め。
恥ずかしいからディズニーランドで「おとちん」はやめてくれ!・・ということもあったっけ。

とーちゃんが出掛けると言うと、へばりついて泣いていた次女なんて、反抗期?で会話が成り立たないし・・・。

あーあ・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
将来、お子様方が社会人となられ、いつの日か 師が残された映像を見返した時に、子を想い、愛する、親心をさらに身に染みて実感するのでしょうね。

師は、映像に関してはセミプロですので、お子様方にとって本当の宝物になりますね。
ぽん
2010/10/05 00:35
小さい子を見ると、永遠にこのままならいい、と思う時がありますね。そんな愛らしい時期を、動く画で残しておけるいい時代です。お子さんたちがいつか振り返って、しみじみと親子の絆を確認する時があるんでしょう。
結婚式とかで流したら、涙だだ漏れものですね。大事な時期を共有する親心・・・うらやまし!
ちびらママ
2010/10/05 07:14
最後の
「あーあ・・・・」
に感情こもってるなぁ(笑
つる
2010/10/05 13:55
行きつけの写真屋さんが、お子さんたちの写真を、当然ながら沢山沢山撮りました。沢山のアルバムがありますが、娘さんが嫁がれるときに聞いたら「そんなにいらない」だったとか・・・。そんなものですかね。
今は、デジタルです。そう言う意味では、DVDか何かであげれば良いので場所を取らない良さはあるかも知れません。
ネガ整理をしていますが、今から少しづつデジタルにするのが良いのかな?と思ってます。

子供は、幼稚園くらいまでの間に親孝行をしてくれるものと思います。
親としての楽しみ・実感は、そこまでに集中しているように思います。
あとは、辛さも出てきたり・・・
親から独立できるように、育てているようなものですから。
・・そう思います。
多分、長女の結婚式では「涙だだ漏れ」だと思います。

今の子供らを見ると・・・「ため息」・・ですな。
三日ボーズ
2010/10/05 16:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
いィ〜つのォ〜ことォ〜だか、思い出してごォ〜らん 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる