倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS バンナイズの頭陀袋?

<<   作成日時 : 2010/11/22 09:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

我々が所持するものに「頭陀袋」というものがあります。
改良服などで出る場合に、しっくりくるのがこの「バッグ」です。
お遍路さんも使ってます。

頭陀袋(ずだぶくろ)とは・・・(以下、Wikiより)

比丘(僧侶)が、乞食・托鉢の際に使用する袋のこと。
上記用語が転用された一般的な袋、雑多なものを運搬するための簡易な布製の袋のこと。

画像
今日では一般的に、ずた袋と濁らずにいわれる場合も多いが、漢字で“頭陀”と表記されることから、本来はずだ袋と濁るのが正しい。

また“頭陀”(ずだ)とは、梵語のDhūta(ドゥータ、意味:払い落とす、棄捨)の漢訳音写であり、仏教の僧侶が行う修行(頭陀行、乞食の行)のことである。したがって、頭陀袋とは、本来この頭陀行を行う僧侶が、携行用に用いた袋のことであった。

別名として三衣袋(さんえぶくろ)、衣嚢(えのう)、打包(だほう)ともいわれる。これらは、もと比丘が山野を行脚する時に、僧伽梨(そうぎゃり)・鬱多羅僧(うったらそう)・安陀会(あんだえ)という3つの衣(三衣)が塵や埃、土で汚れないように入れたものである。したがって本来の用途はこれらの僧衣を入れるための袋であった。

しかし時代を経ると、これらの衣だけでなく行乞で供養してもらった物などや仏具なども入れるようになった。したがって、今日、運搬用で雑多な物を入れる袋を“ズタ袋”などというのはここに由来する。
また後世になって、仏式葬儀の際、死者の首から提げる袋も“頭陀袋”というようになった。これは、これから仏教修行の旅に出るという意味合いであり、白い布製の頭陀袋の中には、紙に描いた六文銭を入れる。

頭陀袋は本来、衣食住の欲を払い落とす“頭陀行”を行う僧侶が用いるものだったため、構造は非常に簡素である。
最も単純な構造のものは、一枚布で袋部分から蓋までを兼ねる。袋の両端には穴を開け、首から提げるための紐を縛りつける。

画像
・・・・で、何がいいたいか、というと・・・・
「バンナイズ」に、この頭陀袋(みたいなバッグ)があったのだたのだった・・・
http://www.vannuys.co.jp/n_vaio_shoulder/n_vaio_shoulder_1.html

「A4が入るVAIO typeP専用 薄型フルフラップキャリングバッグ E-3」というものです。
・・・パソコン用でしたね。

で、これを買ってしまったのだったのだった・・

バンナイズは、徳島が本拠地の会社ですから「お遍路バッグ」なんて物も作っています。

これは頭陀袋として作られ、売られているものではありませんが、形状がほぼ頭陀袋なんので、多分、改良服(改良衣)で使って違和感ないかと思います。

法衣は入りませんが、A4の雑誌などがピッタリ入ります。
バリスティックナイロンなので、腰があって、普通の頭陀袋みたいにヘニャヘニャしてません。

中に入れるのは、夏扇、印金(チーンってやつね)、念珠、財布、手帳、本、論文の資料・・とか。

そうなんです、普通の頭陀袋って、形があって無いような、と言うくらいに、柔らかすぎるので・・というより、ただの布ですからね・・・その使いにくさは解消されるように思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
バンナイズの頭陀袋? 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる