倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS ニコンD7000の高感度

<<   作成日時 : 2010/11/29 08:19   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
一番気になる高感度性能のテスト。
写真は ISO6400 の画像の等倍切り出し。(・・になってますかどうか?)
クリックしていただくと、そうなると思います。
圧縮はかけていますが、感じは分かると思います。

充分!であります。
ノープロブレムであります。
これで6400というのは驚異的でもあります。

フィルムでは、ISO400の4倍増感、ISO1600 がやっとです。
・・というか、事実上そこまで、です。

そこからまた4倍です。

ISO400のポジが出るまでは、ISO160のポジを4倍増感、ISO640でステージとか屋内イベントなどを撮っていたのを懐かしく思い出します。(ISOでなくASAの時代でした)

「価格.com」などで、やたら「ノイズ、ノイズ」という人たちの「主観」が問題で・・・
例えば「3200までが実用」といっても、言葉では、その主観的基準はわかりません。

その主観には、その人の写真の経験が一番影響するものと思います。

おそらく、そんな人たちの大部分が「フィルムの粒状性」ということは知らない人たちなのかも知れません。

私などは・・・
「え? これが3200?!・・エッ!?これが6400!!??・・すげぇ!」
・・・と感心を超えて感動してしまいます。
「ISO6400でこれか・・・時代は変わったなぁ・・・」です。

コンデジを使っていて一眼レフを初めて使う人・・・
フィルムの経験が無い人・・・
フィルムと言ってもサービスプリントしかしないような人・・・
デジタルカメラしか知らない人・・・

色々な「主観」が言葉で飛び交っても分かりません。

特に、デジタルカメラしか知らない人は「ノイズ」を否定するでしょう。
そのザラつきをどこまでオッケーとするか?・・なんて主観を言葉で見ても分かりません。
そういう無駄が「価格.com」には溢れています。

結局、自分で見るしかないわけです。

自分で、何をどう撮るのか?・・・です。

しかしながら、デジタル写真をパソコンで見ていると「写真の最終形態」は何なのか?!・・という疑問が付きまといます。

簡単に「ピクセル等倍」にして、つい「解像力・ノイズ検証マニア」になってしまいます。
フィルムの時も、ルーペで拡大してピントチェックというのは大切でしたが「ピクセル等倍」とは違う感覚です。
ポジの場合などは、それで決まり!・・ですから、そのチェックは最終形態のチェックでもあります。

ここでの「ヨシッ」・・という心の中のガッツポーズは、ちょっと熱いものがあります。
仕事での依頼写真などでは、ここでの快感が結構なもので、これはクセになります。
チャンと撮れているという思いはありますが、実際にできるまでは分からない。
自信はあるけど、不安が無いわけではない。・・いや、見る直前の不安感は「最大」です。

その後に、見るから「ヨッシャー!!」になるわけです。

「ピクセル等倍」は醒めています。
気持が引いています。
撮影直後にモニターで見て、帰って「ピクセル等倍」・・・・
これでは・・・写真に対して熱くなれないのです。

パソコンだと、どれが「写真」なのかが分からなくなってしまいます。

プリントなのか?
どの大きさのプリントにして、どう使うのか?
パソコンで見るだけなのか?
部屋に飾るか、個展をするのか?
写真集を作るのか?
印刷するのか?

・・・・色々な形があり得ます。
この写真の最終形態こそが重要なんだと思います。

やっぱり「ピクセル等倍」は、写真とは何か?・・と見失いそうになるものだと思います。


因みに、下の写真はISO3200。全然問題ありません。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ペンタックスK5の出番無し、ですか、、、
ニコンD7000の高感度性能もOKなら、非常に良いお買いものをした事になります、
・ガラクタ整理・、成功ですね!
007
2010/11/30 04:58
やはり、センサーが同じソニー製らしいですから。そんなに変わらないのでしょう。
おまけに動画もそこそこ撮れるとあっては・・・
基本的に頭の中ではISO100か400の感覚なので、三脚を使えばいいだけの話しなんですが、6400まで問題なく使えそう、というのは驚異的ですらあります。
これだけで、フィルムとの棲み分けができるとおもいます。
三日ボーズ
2010/11/30 07:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
ニコンD7000の高感度 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる