倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 一眼レフ(D7000)での動画撮影

<<   作成日時 : 2011/01/11 23:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

小僧の野球を動画に撮ろうと思って、チョコチョコと学校に行っています。
音楽に合わせたビデオでも作ってやろうと思ってのことですが、これがハマリました。

今度買うカメラは、パナソニックのGH2になりそうです。

今は、ニコンD7000に70-300mmのズームを使って、主に望遠側で撮っているのですが、一眼レフの望遠レンズで見たままの動画が撮れる、というのは、これは今までにない体験で、ここのところ、D7000は、すっかり動画用になってしまってます。

学校に一度行って、まあ2〜5秒のカットが3カットくらい撮れればいいかな・・と思って撮っています。

でも、このD7000は、そのままだと、AFによるレンズ移動の音が、結構入ります。
これは、もうどうにもならない、という位にバッチリ入りますから、音も生かして撮りたい時には、外部マイクは必須です。

私の場合、音は要らないのでそのままですが、かなり耳障りです。

カメラは絶対に固定したいので、三脚も必須という撮り方をしています。

ただ、以前の記事にも書きましたが、液晶モニターの画面が全然ダメ。
陽が当たると当然見えません。
この点で、ミラーレスのGH2は、液晶ビューファインダーを見ながら撮れるので「買い」だと思うのです。
液晶モニターでは、明るいところで見にくいのと同時に、ピントも見にくいのです。
これはピントの確認用であって、ピントを追い込むものではない、という感じです。
光学ファインダーはミラーアップで塞がれているわけですから、液晶モニターでしか見られません。

これもGH2の液晶ビューファインダーなら大丈夫だと思います。
ハイビジョンの大画面で見ると、ピントはシビアです。

GH2のモニターにタッチしてピント位置を決めたり移動したりできるのも、とても便利だと思います。

D7000のAFのピント位置の移動は、移動が遅くてやりにくくて使い物になりません。
何か他に良い方法があるのでしょうか?

かといってマニュアルで合わせるにはモニターでの、シビアなピント確認がしにくいのです。

色々考えると、動画を撮るには、GH2が「とってもベスト!」なカメラだと思う今日この頃、だったりするわけです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なるほど、そうなんですか、。
一般的な・一眼レフタイプの動画撮影の制約・はカタログでは分かりません、
大変に勉強になります、三日ボーズさん、ありがとうございます。
007
2011/01/12 02:26
やっぱり一眼レフの動画は「オマケ」という感じはしてしまいます。
動画を本格的に撮ろうと思うと、液晶ファインダーにフードを付けるか、別に大きめの液晶モニターを外付けするようです。
音も必要となると、ステレオマイクも外付けですので、スティル写真を撮る一眼レフからは、とっても離れた、とっても面白いスタイルになってしまいます。
やはり、ニコンの一眼レフには写真を撮る道具としてあっていただくべき、と思います。
動画も撮れる、写真も撮れる、というのは、これも初めての経験で、面白いものだと思っています。
とにかく、AFの音は全然ダメです。骨伝導みたいに内側から響くんでしょうね。
あれじゃあ、動画は「撮れる」というだけで、ビデオとしては実用になりません。音は使わない「素材」としてならバッチリですが。
三日ボーズ
2011/01/12 08:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
一眼レフ(D7000)での動画撮影 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる