倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 歌会始・・・

<<   作成日時 : 2011/01/14 11:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今、NHKで「歌会始」を見ているのだけれど・・・・

あの独特の「たらちねのォーーーーーーーォ↗」という読み方。

あの読み方には、例えば天台声明の唱え方を見ることができると思う。

おそらく、宮内庁が守り続けてきたものだろうから、一番古風を残したものだろうと思える。

・・・そう思って見ていたら・・・・

一度読み終わった後に、違う人が「初めの五文字」を節を付けて読み上げ、次の七文字から「助」が付いて、節を付けて詠む。
この節の感じは、声明と同じようだ。

音を詳しく拾ってみないと分からないが・・・・・

よく聞くと、平均率ではなさそうな感じで、雅楽の音と同じように聞こえる。
雅楽で音合わせしているとしたらスゴイと思う。
音階も、我等の声明とはちょっと違うようだ。

本来の「呂」音階だったりしたら、もっとスゴイのだが・・・・

それを聞きたいのに、NHKは、その繰り返しの部分に、その歌を詠んだ人のプロフィールとか、歌の意味、歌にまつわる話しなどを語るナレーションを被せてしまって、肝心な音が絞られて聞こえない。
「そこが聴きたいのにっ!」ってところで、ナレーション・・の繰り返し。

そんなものを聞いているのは私くらいかも知れないが、ああ、折角の歌会始が・・・・

・・ああ、もう!・・・イライラするわぁ・・・・

それにしても「繰り返し」の部分は、声明だ。素晴らしい!


90歳の方が車椅子でいらっしゃったが・・・歌を詠んでいただく時には起立が決まりだと見えて、横にいたお孫さんか宮内庁かの人が、ほとんど無理遣りという感じで立たせて、ずっと支えていた。人形のように。
陛下も「座って良い」とは仰せにならない。

キビシイねぇ・・・



・・・・・宮内庁のHPにあった。

「この儀式は,読師(どくじ・司会役),講師(こうじ・全句を節をつけずに読む役),発声(はっせい・第1句から節をつけて歌う役),講頌(こうしょう・第2句以下を発声に合わせて歌う役)の諸役によって進行されます。」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
歌会始・・・ 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる