倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS パナソニックGH2を「ポチッ」っとな!

<<   作成日時 : 2011/02/14 00:00   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
動画を撮るために欲しいと思っていたパナソニックGH2を買ってしまった。

3月になると、小僧の野球も本格的に始まるし、その前に取材したい物もある。(・・・はずだった「常楽会」・・・)

動画用ともいえる14-140mm付きのキットが10万円を切ったところで、夏のボーナス一括払いで「ポチッ」ってしまった。

ついに・・・・
「クレジットというと聞こえが良いが結局は借金」という禁断のカードを切ってしまったという訳だ・・・・やば・・・

我が経済、日本経済のように破綻しませんように・・・・

でも、ま、仕方ないでしょ。今、必要(・・・の予定)だったので。


大きさはG1よりも高さがちょっとある、ような感じ。
この色など、デザインの変更は良いと思う。

基本的操作で、私が頻繁に使う露出補正をするダイヤルが、人差し指側でなく、手前の親指側になったことは使いにくい。
でも、グリップを握る手にちょっと力を入れたら露出補正のダイヤルを押してしまって、補正モードになってしまうということはなさそうだ。

ダイヤルを押して切り替わるという操作は変わらないが、簡単に変わらないように、押す力がより多く必要になるように、ちょっと重くなっている。
この辺りの変更は「さすが松下さん」である。ぬかりない、という感じ。

何せ、レンズを別に買うと、レンズだけでは7万弱と、グッと高くなってしまうので・・・

・・・というより、レンズキットは、どうしてバラの合計よりあんなに安いの?・・・
・・・という状況なので、思い切って14-140mmのレンズも付けて、レンズキットで買うことにした。

このレンズは、動画用に特化したもので、AFのメカニカルノイズが出なくて、AFも早いという。

実際、音も振動も無く「スッ」とピントが合う。
この状態に違和感を感じる程に、何もなくピントが合う。

このレンズをほとんど「着けッぱ」で「動画専用」と思った方がいい、という使い方になろうかと思う。

この14-140mmというレンズは、GH2のボディには合わない感じがする。
重くてデカくて、ちょっとバランスが良くない。
しかしながら、10倍ズームとして見れば、その性能を考えると大変小型のレンズであると言えよう。

現在手元に2台もあるG1は、今まで通り、荷物を重くしたくない時の、あるいは、マミヤ7などのフィルムカメラでちゃんと撮りたいような時の、何でも撮れる取材用カメラであることに変わりはない。
充分現役!

まだGH2が「買ったばかり」という状況なわけで、ちょっと出し惜しみしつつ、お気楽な「G1」という位置は変わらない。

ホントは、もう一台に20mmを着けて「複写専用」にしようかとも思っていたのだけれど・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
D7000の次は、GH2でしたか!、、、

ひょっとして、次はX100だったりして?、

羨ましいですね、。
007
2011/02/14 08:14
面目ないです。
何でも撮る機材として選んでみたオリンパスE-30が私にとってはダメで、人生で初めて、一切を下取りに出して買い換えるということになってしまいました。
デジタルで撮るものをパナソニックとニコンに振り分ける、という決断に、思わぬ伏兵「動画」というものが現れて、始めたら面白い、というわけで、今回の購入となったわけです。マイクロフォーサーズのメリットは動画!という点もありますし。
X100はとっても魅力的ですが、夏の支払いが済むまでは、もう手が出ません。
その、趣味性の部分は、フィルムが担ってくれるものと思います。
私は、富士フイルムのX100のライバルはフィルムカメラではないかと思っています。
X100を買うなら、記事にも書きましたが、ベッサR3とかを買うと思いますね。
三日ボーズ
2011/02/14 10:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
パナソニックGH2を「ポチッ」っとな! 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる