倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS ソニー、「NEX-3」の生産を完了

<<   作成日時 : 2011/02/24 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
ソニーは、レンズ交換式デジタルカメラ「NEX-3」の生産完了をWebページで発表した。
上位モデルの「NEX-5」については、従来通りとなっている。

・・・だからといって「やー〜めた」という訳ではないのだろうが・・・・
これは結構売れているようだから。

でも売れていたのは上位機種の「NEX-5」のほうだろう。
このカメラを買おうと思う人は、廉価版は買わないだろう。
マーケットを誤ったかも知れない。
早々の生産中止は、そういうことだろう。

で、間もなく「次」が用意されるのだろう。
それが、発表される前に生産中止というのは珍しいかも知れない。

どうもこのカメラは好きになれない。

物理的に無理があるもので、その基本設計には疑問だらけである。

オリンパスのフォーサーズの魔逆の発想なのだ。

フォーサーズというのは、フランジバックというレンズマウントからセンサーまでの距離を、センサーの割に大きく取ることと、センサーよりも余裕のイメージサークルにすることで、画像の均一化を図ろうとしたもの。
その思想は、いまだに正しいと思えるものである。

センサーの完全な平面上に結像させることでレンズの設計がキビシイものになる。
そこへ持ってきて、画像の安定性も求められる。
センサー上のゴミも問題となり、極端に絞って撮ることは少なくなる。
絞り開放近くで良像になることが要求される。
センサーの性質で、周辺光量の低下の少ない物が求められる。

逆に、フルサイズのセンサー(デジイチ黎明期はフルサイズは簡単に作れなかったが)にこの条件を求めると大きなマウントと、大きなレンズが必要になる。
単純に、フォーサーズのセンサーをフルサイズに拡大したとして、その拡大率と同様に、フランジバック、マウント、レンズの大きさ等を拡大したぐらいの大きさのレンズが必要になると考えて良いと思う。

現に、ニコンのフルサイズ対応レンズは、頑張って小さくしてるのだろうが、馬鹿でかい。
理想的には、もうちょっと大きさが欲しいところだと思う。
全体的に、歪曲収差が目立つ。
もう、倍率色収差はソフト修正が原則。歪曲も気になると思うから、気になったらソフトで修正してね、というレンズになってしまっている。

つまり、ソニーの「NEX」はデジカメ設計の真逆をしているということで、余程のブレイクスルーでもあったのか?と思うと、そうではなくて、早々にレンズの画質が問われている。

これはマウントアダプターを使って、色々なレンズを使う以外に良い使い方はないと思う。
また、高感度の良さを活かして、望遠鏡に着けて天体を撮る、なんてのも良いかも知れない。

前に書いたが・・・レンズは、レンズマウントから奥にレンズの後玉があるにしてバックフォーカスを稼ぐ「ナンチャッテ・フランジバック」のレンズにするしかないだろう。
望遠レンズはそうする必要もあるんじゃなかろうか?

レンズが多少大きくなっても、バックフォーカスを稼ぐことはできるが、パンケーキなど目一杯薄く作ろうとすると破綻することになる。それが、実際にレンズの写りの悪さになって出てしまった、というところでしょう。

APS-Cサイズというのは、まず始めにレンズの問題が大きくあって作られた規格で・・・・
マウントとフランジバックから考えると、その設計のレンズを使うには、APS-Cサイズくらいが良かったのだと思う。
(当時の技術では、それ以上のセンサーを作れなかったという面もあるが・・・)

対して、マイクロフォーサーズは、そのレンズの小ささは、フルサイズのセンサーに付いているレンズの大きさの対比と似ているように思う。
センサーに対しては、レンズが小さいと思う。
フォーサーズのレンズは、センサーサイズに対して大きめになっていると思う。

例えば、APS-Cセンサーで、フォーサーズ並の画質を求めるとしたら、もっと大きなレンズが必要になるものと思う。

で、マイクロフォーサーズでオッケーは、レンズをギリギリまで小さくして、敢えて収差を残した設計をして、その一部をソフト修正している。

そのバランスはギリギリのところで、すべてが新設計なればこそ可能になったものと思う。

フルサイズセンサーに古いレンズをそのまま使うのは、意味がない、とも言える。
だから、何となくフルサイズのほうが画質が良いように感じてしまうが、高感度だけで(・・・それだって無理がある画質だ)、昼間の写真だったら、APS-Cとも、フォーサーズとも、あまり変わらないんじゃないかと思う。

ソニーの「NEX」には、小型化にかける情熱が伝統的なソニーらしい製品ともいえるが、物理的にはあり得ないカメラを作っちゃったんじゃないか?・・・と思っている。

カメラとしての存在意義が、あまり感じられないカメラであると思う・・・のだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
βマックス方式への拘り、、、

そして衰退にて・撤退・の記憶がありますから、、、

どーも遠方から眺める体制の小生ですね、、、

SONYのデジタルカメラに関しては!。
007
2011/02/24 16:31
ソニーの中から、どんどん「ミノルタ」が無くなってゆくような感じがして、寂しいですね。
三日ボーズ
2011/02/24 16:38
センサーは大きい方が良い。フランジバックは小さい方が良い。
・・・・という世間の認識で作ってしまったカメラで、常識知らず、と言えるでしょう。
レンズ設計者の声が聞こえてきそうです。
「え〜?APSサイズのセンサーで、フランジバック18mmィ〜?!そんなのありえね〜よ!・・・どーしても作れってんなら、作るけどさ、どーしたってまともなレンズなんかにゃなんねえよ! これだけは言っとくけどさ、画質が悪いって言われたって、オレのせーじゃねぇぞ!」・・・・とか。
三日ボーズ
2011/02/24 16:46
一般には、デジタル一眼は、センサーAPS-Cサイズで充分間に合うでしょう、、、
あとは、用途により、コンデジやマイクロフォーサーズ機を揃える?、、、
事になりますね。
007
2011/02/25 04:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
ソニー、「NEX-3」の生産を完了 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる