倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 距離計連動式写真機!

<<   作成日時 : 2011/03/08 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

ここのところ本業に関する記事が続いて疲れたので(笑)息抜きの記事をば。

ヨドバシのHPに「RANGEFINDER(レンジファインダー)」というサイトができた。
http://rangefinder.yodobashi.com/index.html

これが実に良くできている。なかなかやるよねぇ、ヨドバシ!・・・という感じ。

売れる物だけ積極的に売る、売れるデジカメだけ売ればいい、ということではない。
フィルムカメラも重要な商品だという気持ち。フィルムカメラを愛する人にもエールを送り、知らない人にはその魅力を伝える。
切り捨てるのではなくて、きちんとその世界観をアピールしているのがいい。

ヨドバシの経営者がライカのコレクションをしているようで、ヨドバシの「ポイントなんとか」という冊子には、そのライカのコレクションが載っている。
そういう意志が働いているのだろう。

先日「CP+」で、デジタル全盛の中で、小さく並べられていたフォクレンダーとコシナ・ツァイスもレンズに惹かれた。
小さく宝石のような精密機械の一部という存在感があった。

レンジファインダー用のレンズは小さい。
それでいてレンズとしては理想的な設計がしやすいのだと思う。
性能は高い。

しかしながら、ライカのレンズは未だに高い。古いレンズが相変わらす高値で売られている。
それこそ宝石のようであり、骨董のような付加価値も付いて、高い。
使えばそれなりに「味」があるけれど、余りに高価。

そいういう中で、コシナが作っているフォクトレンダーのレンズと、同社がツァイスブランドで作っているレンズは、手が届く位置にある。
骨董だけのライカレンズの中にあって、新品で手に入るライカMマウントレンズ。
それぞれ充分に個性的。

コシナ・ツァイスのレンズは、完璧という感じがする。
同じコシナ・ツァイスレンズでも一眼レフ用の物は、データをみると若干収差が多いのだ。

その理想的なレンズが新品で手に入る。
今なら。
新品でなくても中古でも「現行品」が手に入る。
フォクトレンダーのレンズを中古ででも手に入れてみたいと思う。
現在手元には父から譲り受けたライカM6と、28mmと、先だってオークションで手に入れたコシナ・ツァイス21mmf2.8。
ベッサLと15mmがある。

これらのレンズは、ホントに良いレンズ。
レンジファインダー・カメラを使うということを含めて、レンズの魅力といえるだろう。

私は、カメラの最初が、父のオリンパス・ペンSや、キヤノンWSbというレンジファインダーのカメラだったので、レンジファインダーの使い方は私の写真の原点でもあり、体に染み込んでいるものでもある。
懐かしい物なのである。

前にも書いたが・・・・

このようなレンズをデジカメに着けて遊ぶ向きもあるけれど、一眼レフ用のレンズならまだしも、レンジファインダー用のレンズはデジタルには合わない。
APS-Cサイズのセンサーでも厳しく、ある程度良く写るのはフォーサーズあたり。
でも、それだと画角が半分になって35mm換算にすると倍の焦点距離になってしまうので、全く違うレンズになってしまい、特に広角の画角の味が無くなってしまうので、デジタルに使うのは意味がないと思っている。

よく・・・デジタルに着けて「レンズの味が出ている」と言っているのは、だいたいが勘違いで、その多くはデジタルに合っていないための不鮮明さに過ぎない物と思う。
デジタルを想定していないフィルム用のレンズは、フィルムでこそ、その味わいがあるものなのだ。

ああ・・・・
レンジファインダーのカメラとレンズを持ってどこかに行きたいなぁ・・・・と思ったりする今日この頃。
画像

写真はヨドバシのHPより、無断借用 m(_ _)m

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
先ずはフィルムあってのカメラ、、、
昔、F4と単玉24,35,55M,105,180で能登半島を旅した事を思い出しました、
・旅・を想像しています、、、お伴にフィルムカメラ、それもちょっと粋でかさばらないモノ、、、レンジファインダー機はピッタシですね。
007
2011/03/08 15:40
モノクロとカラーを入れたレンジファインダー機を持って、旅に行きたいですねぇ。
ヨドバシのサイト、良いです。
お金持ちには、M9という選択もありますが、やはり、デジタル用に設計していないレンズは、作例を見ても合わない、という感じがします。
広角から望遠すべてに合わせるというのは無理ですから、どちらかと言えば、広角がデジタルには合わない感じです。
その点、フジのX100はレンズ交換無し故の、1点設計というのが魅力なんだと思います。
三日ボーズ
2011/03/08 16:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
距離計連動式写真機! 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる