倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS パナソニックG用 20mm F1.7 の第一印象

<<   作成日時 : 2011/06/23 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
マップカメラのネットショップにて中古で購入したのが、一昨日届いたので、今更ながら、の感がありますが、インプレッションを。

最近、お店でこのレンズを見ません。
宇都宮ヨドバシにも一個ショーケースにあったのが無くなってました。

中古でもタマが少ないのです。ネットで見ても「在庫無し」ばかり。

元々は、GF1のキットレンズで「パンケーキレンズキット」とか言って売っていたもの。
ある程度出回ったと判断して、新しいレンズに注力、ということなのか?
それとも、改良を加えているのか?

素姓はとても良いレンズなので、AF時の音の問題とかを解消すれば、まだ市場価値が生まれるでしょう。

画像
これは、安かったので思わず買ってしまった2台目の「G1」に着けっぱなしになるように思います。

装着すると、なかなか良い感じです。

GF1よりも、しっかりしたグリップがあるG1は、やはり安定感があり、私の手にはこれでも小さい位。これが小ささの限界。やっぱりファインダーを覗いて撮りたいので、この方が良い感じです。
(一番の理由は老眼!ですが)

ただし、この20mmには「手ブレ補正」が無いので、注意が必要。

このレンズ購入の一番の理由は、資料などの複写です。

パナソニック・フォーサーズ・レンズは、ソフト的に修正できる歪曲収差・色収差をワザと残して設計して、像面湾曲・球面収差等々の物理的な収差補正に注力するという、画期的ともいえる、離れ技というか飛び道具的補正をしているので、その歪曲収差の具合が気になっていました。

画像

例えば文献複写などにどの程度使えるものか?・・・ですが、ご覧の通り、明るく・小さく・薄くという、設計に無理をしているように思えても、どうしてどうして立派な性能でした。
これなら充分に「使える」と思います。

ただ、パナソニックのレンズは、全体的に、周辺減光には拘っていないようで、どのレンズも注意して良く見ると、周辺減光が結構見立ちます。このレンズも結構目立ちますが、絞れば目立たなくなるでしょう。このテストは絞り開放です。

画像

それでは「価格.com」にありがちな「作例」(笑)をば。我が家の駄犬です。F1.7開放、30分の1秒。
開放のボケ具合はかなり自然な感じがします。馬鹿な犬ですが、何だかちょっと考えてるような感じに写ってるように思えます。

画像

これぞ「価格.com」にありがちな「作例!」。F1.7開放、50分の1秒。マイナス3分の2補正。実際の色より濃く写るようにしてます。基本的にこういうボケた写真は好きではありませんが、これだけ良い調子で、かつ簡単に撮れるなら撮ってみようかな?と思わせられます。

画像

F1.7開放、60分の1秒。これらの写真は、どれも夕方日没の後に撮ってますから、柔らかいボケになると思われますが、ちょっと明るく、これくらいの距離感だと、バックのボケに同心円が見られます。これも、逆に効果的と考えた方が良いかも知れません。このボケと周辺光量の微妙な落ち方は、ちょっとクセがあると言えるでしょう。自然な感じに納まっていますが。

画像

F1.8、100分の1秒。このレンズを着けてスイッチを入れ、液晶モニターを見た瞬間に「違う」と感じてしまいました。ズームのキットレンズとは違う、と。それはピント面以外が良くボケるということかもしれませんが、切れ味・ピントが良い、と感じてしまったのは「?」です。そんなことが液晶ビューファインダーで感じられるとは思えませんが・・・何だかそう思ってしまいました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
オリンパスのPEN用にGとのセットで購入し、ボディーだけ
ヤフオク等に流して差額を回収ってのが流行ったんですわ。
ですから、中古のタマがないのも当然なわけです。
溢れているのはボディーの方な訳ですから。
通りすがり
2011/06/23 03:34
それは知ってます。何度も記事にいたしました。
G用にも、です。
ただし、その当時、PENでは収差補正がカンペキでは無かったんですね。
たぶん。
でも、それでは新品が無い理由にはなりません。
流通していないのは、パナソニックの流通管理かも。
改良を加えてるんじゃないでしょうか?希望的観測も含めて。
また、中古が少ないのは、スグに売れてしまうこともあり、やはり、人気の度合いが高く、それが保たれている、ということでしょう。
三日ボーズ
2011/06/23 07:21
お楽しみのようですね、、、

あともう一本、広角があると更によいかも、、、?

昔、リケノン55mmF1.2単玉をリコーXR-8Superに装着してやってました、、、あと広角同28mmF2.8と中望遠同100mmマクロF3.5の三本セットで、、、
ペンタックスMZ-5にも装着出来、いろいろ遊びました、、、

その後一大決心し、ニコンF4を導入し、システムをニコンに統一したのであります、、、。
007
2011/06/23 17:59
このレンズ、コンティニュアスAFに対応していないみたいですね。
やっぱり「改良」が必要なんじゃないでしょうか?
「カイゼン」ですか?
三日ボーズ
2011/06/27 16:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
パナソニックG用 20mm F1.7 の第一印象 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる