倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 【本日発表】OLYMPUS PEN 新モデル「E-P3」

<<   作成日時 : 2011/06/30 15:28   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
う〜〜ん、今月のカメラ雑誌では、何の音沙汰もなかったオリンパスの新製品。
噂はあったし、そろそろという思いもあったが、一気に出してきた。
なかなかの充実ぶり。
分析は後にして、とりあえず、以下「コピペ」

●世界最高速※ “FAST AF”システム

AF(オートフォーカス)システムの全てを一新した“FAST(Frequency Acceleration Sensor Technology) AF”システムを搭載しました。これにより、S-AF(シングルAF)では、従来の位相差方式一眼レフカメラを超える、世界最高速のAF スピード※を実現しています。また、きめ細かいピント合わせを実現する35点エリアAF、レリーズボタンを押さなくても、常時フォーカスし続けるフルタイムAF、動く被写体にピントを合わせ続ける追尾AFにより、被写体の一瞬を確実に捉えることが可能です。
(※2011 年6 月30日現在発売済みのレンズ交換式デジタルカメラにおいて)

●1230万画素新ハイスピードLive MOSセンサーと、新画像処理エンジン

従来の「PEN」シリーズに搭載されていた1230 万画素 ハイスピード Live MOS センサーをベースに、より高速化、高感度化した、新ハイスピード Live MOS センサーを採用しました。これにより、動画記録時に、1920 x 1080 59.94i に対応したフルハイビジョンムービーの読み出しが可能になりました。また、新画像処理エンジン“TruePic Y”により、画像処理の質的向上と処理時間の短縮化を、同時に実現しています。

●タッチ式3.0型有機ELディスプレイと、進化したユーザーインターフェース

背面モニターとして搭載した3.0 型(縦横比3:2)の有機EL ディスプレイは、61 万ドットの特殊な画素配列により、VGA(約92 万ドット)相当分の映像データを表示しています。また、しまりのある黒の表現や、広い色再現特性を生かした鮮やかな写真表現が可能で、視野角も広く、豊かな色表現と高い解像感で、写真撮影がさらに楽しくなります。また、ユーザーインターフェースのデザインも一新しました。メニュー画面上のフォントやグラフィックを、より視認性が高く、上質なものにすることで、美しさ、上品さ、機能美を兼ね備えた、エレガントなグラフィカルメニューとしています。

●好評のアートフィルターが更に進化

ポップアート、ファンタジックフォーカス、トイフォト、ジオラマなど写真に特殊効果を加える機能に、新バリエーション(デイドリームII)と新エフェクト(スターライト効果、ホワイトエッジ効果)を追加。

画像

●【M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0】

広角12mm(35mm 判換算24mm)、大口径F2.0の単焦点レンズです。室内から風景撮影まで、広角レンズならではの迫力のある世界を表現できる上、クリアでヌケがよく、画面全域でシャープな描写性能と、高速かつ静粛なオートフォーカス駆動を実現する“MSC(Movie & Still Compatible)機構”を備えています。

●【M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8】ボケを手軽に楽しめる中望遠単焦点レンズ

一眼ならではの背景のボケを、手軽に楽しんでいただくことを目的に開発した、焦点距離45mm(35mm 判換算90mm)、大口径F1.8 の中望遠単焦点レンズです。優れたレンズ性能と、ボケを考慮した光学設計によるきれいな背景ボケとの組み合わせにより、被写体がくっきりと浮き上がった撮影が手軽に楽しめます。また、高速かつ静粛なオートフォーカス駆動を実現する“MSC(Movie & Still Compatible)機構”を備えているので、静止画も動画もスムースに撮影できます。
画像
●オリンパスは30日、マイクロフォーサーズ規格のレンズ交換式デジタルカメラ「OLYMPUS PEN Lite E-PL3」を開発発表した。2011年秋の発売を予定する。価格は未定。カラーバリエーションはレッド、シルバー、ホワイト、ブラックの4色。

同社マイクロフォーサーズ機で初めてチルト式の液晶モニターを採用するモデル。撮像素子はE-P3およびE-PM1も採用する有効1,230万画素のハイスピードLive MOSセンサー。1080iのフルHD動画記録にも対応する。映像処理エンジンも同時発表の2機種と同じ「TruePic VI」を採用した。連写速度は従来の3枚/秒から5.5枚/秒に向上したという。

AFシステムもE-P3およびE-PM1と同様、「“FAST(Frequency Acceleration Sensor Technology) AF”システム」を搭載。AF時のセンサーを従来の倍速(120fps)で駆動することでAFに必要な映像信号をより速く得られるようにしたという。AFの演算処理スピードや起動レスポンスも向上した。

フォーカス選択エリアは11点から35点に増加。個々のターゲットサイズを小さくしたことで、きめ細かいピンポイントAFが広範囲で行なえるようにしたという。動く被写体などに対しては、縦3エリア×横3エリアのグループエリア選択によるAFも可能とした。

 内蔵ステレオマイク、センサーシフト式の手ブレ補正機構、ダストリダクションシステムも利用可能。ストロボはE-PM1と同様の着脱式を採用した。ガイドナンバーは10(ISO200・m)。RCフラッシュシステムに対応する。

●オリンパスは30日、マイクロフォーサーズ規格のレンズ交換式デジタルカメラ「OLYMPUS PEN mini E-PM1」を開発発表した。2011年秋の発売を予定する。価格は未定。

同日正式発表した「OLYMPUS PEN E-P3」と同等の撮像素子を採用し、シリーズ最小のボディサイズに収めたエントリーモデル。タッチパネル式のモニターや可動式の液晶モニターは持たない。ボディ単体の重量は217gで、同社最軽量だった「E-PL1s」および「E-PL1」の296gから約27%の軽量化、体積比約31%の小型化を実現した。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
物欲が大変刺激されます!、、、
本体にグリップが無い機種は駄目ですね、
お遊びには・ペンタックスQが手頃?かも、、、。
007
2011/06/30 16:55
E-P3のグリップは、取り換え可能で、メーカーもそれをやるようですし、
E-PL3は、どうせ社外メーカーがアレコレ作るんで、初めは何にもない方が良いのかもしれません。
パナソニックのGF3といい、E-PL3といい、オールドレンズなどを着けることを考えてるんでしょうね、マウント回りに金属のリングを強調して着けてます。
色んなレンズを着けることを考えると、活きてくるデザインだと思います。
三日ボーズ
2011/06/30 17:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
【本日発表】OLYMPUS PEN 新モデル「E-P3」 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる