倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 動画カメラとしてのGH2

<<   作成日時 : 2011/07/17 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
パナソニックGH2に期待したものは、何よりも動画性能だった。
それにはかなり満足している。

GH2の動画と、ソニーの裏面照射型センサー搭載のHDDビデオカメラで撮った動画を繋いだら、ビデオカメラの画質の悪さが気になってしまった。
同じ「ハイビジョン画質」といっても、それは、フィルムによる写真の場合の、フィルムのフォーマット(原版の大きさ)の違いにも似た画質の差を感じてしまう。

ビデオカメラのそれは、明らかに小さなフィルムサイズで撮ったもののようだ。
ダイナミックレンジも狭く感じるし、粒子こそ無いが、コントラストも違うし、立体感に乏しい。
GH2の方が、要するに、画質に余裕がある。GH2で撮った動画は、画像が滑らかである。

解像度も違うように感じてくる。
やっぱり「画質に余裕がある」・・・ように思う。

一方で、よりフォーマットの大きいAPS-Cセンサーを用いるニコンD7000はどうかというと、動画の画質にも、スティル同様に、より「余裕がある」と言える。

望遠レンズなどを使った時のボケ具合など、これまでのホームビデオでは味わえないもので、嬉しくなってしまう。

しかしながら、ニコンの一眼レフは、動画が撮れるデジタル一眼レフの「はしり」であっても、まだ気軽に撮れるものではない。

1カットごとに、構図もピントも決めて、映画を撮るように使うものだと思う。
逆にD7000の動画は、ホームビデオのようには使えない。

EOS 5D などは、よりその傾向が強い物だと思う。

これこそ、映画やテレビ、CFなどを、プロの手によって撮ることができる、そんなカメラである。

映画を撮るような撮り方をするなら、EOS 5D が最右翼となる。

APS-Cセンサーを使うD7000は、GH2とEOS 5D の中間で、ちょっとハンパと言えるかも知れない。

GH2というカメラは、一眼レフのような形でありながら、ホームビデオのような使い方もできてしまうカメラだと言える。

ホームビデオが向いている場面もある。

動画としては、今回、激しい動きのある野球の練習や試合中の動画はホームビデオ型HDDビデオカメラを使った。
動きのあるものは、追いかけやすいし、ピントの追従も早いので、画質ではなく、動き優先のケースで使う。

他に、夜の練習なども、高校のグラウンドのナイター照明でも、結構明るく撮れた。
これが、GH2では、撮れなかった。

小僧たちの野球を音楽に乗せて編集するのに、ホームビデオと、GH2と、D7000の3台を使い分けた。

映画のようにカットをキッチリ演出して撮れるならD7000やEOS5Dでも良いが、どう動くか分からないものを撮って、なおかつ、それなりに良い画質、となると、GH2の良い。
ズームが手動になってしまうので、気をつけないとぎこちなくなってなってしまうが、あのホームビデオとの画質の違いを見ちゃうと、使えるところでは積極的にGH2を使いたいと思ってしまう。

これらの動画の問題は、連続した絵にならない、ということ。
この点では、ホームビデオ型HDDカメラの独壇場。
GH2やD7000などの動画は「QuickTime」などに転換するとか、編集ソフトを通さないと、連続した絵にならない。
D7000の動画フォーマットは「QuickTime」だったが、やはり、繋ぐには編集ソフトが必要。

動画が1カット1カットバラバラにしか再生できない・・・これは使って始めて分かった。


・・・・しかしながら・・・・

動画に優れたGH2も、スティル・カメラとしては「カメラとしての力」に欠ける。

動画を撮りながらスナップを撮っていたが、スナップでさえもシャッターチャンスを逃すことが多かった。
やはり、微妙なタイミングは掴みにくい。

結構、チャンスを逃がしてしまった。これが悔しい。
時々ピントも外してくれた。

やはり、スティル・カメラとして、それも、動く物をキッチリ撮るとなると、その実力は「やっぱりニコンだわ」・・・ということになる。
スナップでさえも、である。

「GH2は動画用」という位置づけになった。

もうひとつの G1は、動かないものや、お気軽な「スナップに便利なカメラ」ということになる。

いいとこ2L判、殆どL判用のカメラとしては、1600万画素など、とんでもない。1200万画素でも多すぎるくらいで、今回の野球の試合の写真も、最高画質から1段落として撮っている。
それでも、データは大きすぎた。

写真はD7000。
やはり、満足できる写真を撮るには、ニコンの出番のようだ。

標準ズーム域をGH2のズームで撮る、という風に考えていたが、写真を撮る、という行為で満足するには、やはりニコン用の標準ズームを加えることになりそうだ。
今回のようなチャンスを逃がす、というようなことは、もうしたくない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
全てに満足出来る器械は無い、という事でしょうか、、、

静止画と動画、撮影機器も、撮り方も其々違うのですね、

一眼のニコンD7000、良いカメラなんですね!
007
2011/07/17 05:02
動画カメラとしては、パナソニックの使い買っては良いです。
これでスポーツを撮れないのは分かっていて、故に、ニコンD7000を買った訳ですが、人の表情を追うスナップのシャッターチャンスというのも、よくよく考えたらスポーツと同等のものだと再認識。GH2では追い切れませんでした。
タイムラグが大きすぎます。
D7000はチャンとした一眼レフ、ということですね。
カメラとして間違いない、という感じです。
気持ち良く使えるカメラだと思います。
一長一短、ですね。
三日ボーズ
2011/07/17 06:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
動画カメラとしてのGH2 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる