倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 明日へ・・・

<<   作成日時 : 2011/07/22 21:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
次女が大将として望んだ中学剣道・団体の地区予選。
結局、2回戦で負け、敗者復活戦で残り、次で負けた。

実は、剣道の試合がよく判らない。

見に行けないのだ。
野球なら、途中からでも見られるが、剣道は、個人戦など、ホントに「あっ」と言う間に終わってしまう。

剣道の試合・・・テキパキし過ぎ!

大将として勝てなかったことで、娘はまさに号泣。
あまりにスゴイ泣き方で、回りが気遣って、娘以外の悲しみを背負っちゃった感じもする。
仲間がみんな、娘を慰めようとしてくれていた。

小僧の野球はあと1年あるが、次女の中学剣道はもう終わり。

でも、高校でもやる!と、じーちゃん・ばーちゃんに言っていた。

アニ・オタの次女が中学に入るときには、演劇部とか、美術部とかだろうと思っていた。
それでもいいか、案外、というか、向いてる・・・?・・・と思っていたが、まだ中学にいた長男と女房が反対。

次女は、何を思ったか、剣道!・・といいだした。
ちょうど「戦国BASARA」があって、歴女とかが言われ出したころ。
お城へ行ったりしていた。

そのへんから「剣道」だったのかも知れないが・・・・

もともと、運動は苦手のようだった。

しかしながら、よく頑張ったと思う。
初めのいきさつがあるから、そこから良くやったと思う。

中学以前から、道場に通って剣道をしたり、という者が結構いるなかで、ウチの中学のチームは素人集団だった。
それが、よくぞここまで仕上がったものだと思う。
次女など、大将を担うほどになるとは思わなかった。
それだけで良くやったと思うよ。

帰ってから・・・「そこに座って・・・」と言われ、正座させられ・・・「2年半、ありがとうございました」とやられた。

先生に「お礼しろ」と言われたから・・と言っていたが・・・不本意といっていたが・・・

そこでも、泣き出した。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
『礼に始まり、礼に終わる』

先生に言われたと言いながらも、一番大切なことを学ばれましたね!
高校へ行ったらもっと厳しい稽古が待っています!

がんばれぇ〜〜!!
私です!
2011/07/22 22:30
一所懸命やったから思い切り泣けるのでしょう。
野球もそうですが、人前で思い切る泣ける、そういう経験は良いものだと思います。
三日ボーズ
2011/07/23 07:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
明日へ・・・ 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる