倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 高校野球の「千羽鶴、託すのは禁止…勝ちチームも苦慮」

<<   作成日時 : 2011/07/23 08:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

画像
これは、そんなに昔から続いていたんだ、と改めて知った。
最近の傾向かと思っていた。

確かに、以下の記事の通りかも知れない。
県大会くらいならいいが、甲子園の決勝まで行ったら大変な量になるし、その後の処分にも困るだろう。

負けた者の気持ちは・・・自分たちの夢を繋いで行って欲しい、という思いがある。
自分たちの夢を一緒に持って行ってほしい、というような思いが込められるものと思う。

敗者がいるから、勝者がいる。
多くの夢を潰して勝ち上がる、という面もある。

この瞬間は、清々しく気持ちの良いものだけれど・・・どうするんだ?と思ったことはあったが、困ってしまうということまで深くは考えなかった。

感動的な光景なだけに。

・・でも・・・案外、これは、自分たちでも処理しきれないものなのかも知れない。
託すしかないのかも知れない。

う〜〜ん、やっぱり、何か考えないとイカンかもね。

たとえば、持って帰って一年間部室において、次の夏に新しいのを作って、処分するとか。


・・・・・

以下(読売新聞 7月22日(金)19時46分配信)

福岡県高校野球連盟は今夏の全国高校野球選手権福岡大会から、負けたチームが持っている必勝祈願の千羽鶴を勝ったチームに譲り渡すことを禁止した。
30年以上続いてきた慣例だが、勝ち進むにつれて増え、持ち運びや飾る場所に苦慮している実情に配慮した。敗れたチームからは「甲子園への思いだけでも引き継いでもらいたいのに」と残念がる声も上がっている。
21日、久留米市野球場。4回戦で敗退した朝倉高のマネジャーたちが千羽鶴を手に寂しげな表情を浮かべていた。
始業時間前や昼休みに6人のマネジャーが集まり、4か月かけて折った約6000羽。「野球を楽しみ、絶対勝とう」との思いを込め、「常笑」の文字を浮かび上がらせた。初の4回戦進出に貢献したと自負する一人(17)は「甲子園に一緒に連れて行ってほしかった」と唇をかんだ。
2回戦で敗れた嘉穂東高も、マネジャーや保護者らが折った千羽鶴を持ち帰った。マネジャー(17)は「負けたチームの思いも引き継いでほしかった」と肩を落とした。
県高野連によると、千羽鶴の譲り渡しは30年以上前から続いてきた。高校野球の風物詩として定着する一方、勝ち上がるチームにとっては、増え続ける千羽鶴が負担になっていた。
昨夏の福岡大会を制した西日本短大付高。昨年は対戦を終えるたびに千羽鶴を渡され、優勝後は約40本に。軽トラックの荷台が満杯になる量で、甲子園には持って行けなかった。気持ちが込められたものだけに処分にも困り、学校で保管後、近くの寺で焼却してもらったという。野球部の大石伸一部長は「各校
で大切に管理した方がいい」と話す。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
千羽鶴、託すのは禁止…勝ちチームも苦慮
 福岡県高校野球連盟は今夏の全国高校野球選手権福岡大会から、負けたチームが持っている必勝祈願の千羽鶴を勝ったチームに譲り渡すことを禁止した。 ...続きを見る
Anthony's CAFE 
2011/07/27 15:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
高校野球の「千羽鶴、託すのは禁止…勝ちチームも苦慮」 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる