倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS SONYの新型

<<   作成日時 : 2011/08/25 07:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

画像
ソニーのカメラ、ってのには、未だに抵抗がある。
やっぱり「SONY」のロゴは、一眼レフには似合わない、と思ってしまう昭和の人間・・・なんだなぁ・・・

「α55」と同様、独自のトランスルーセントミラーテクノロジーを採用。
やはり、これがソニーの結論なのかも知れない。当面は、この技術で差別化、煮詰めてゆくのだろう。

撮像素子を一新、約2,430万画素となる。これが大いなる魅力となる。

撮像素子は、新開発の約2,430万画素“Exmor” APS HD CMOSセンサー。APS-Cサイズ相当の撮像素子としては、同時発表の「NEX-7」とともに最多画素数となる。
さすがに、撮像素子メーカーである。ドンドン開発して使ってくる。

感度はISO100-16000。引き続きイメージセンサーシフト式のボディ内手ブレ補正を採用する。補正効果は約2.5〜4.5段。もともと、コンパクトデジカメのころから、ミノルタのノイズは多めと言われ続け、それは今でも変わらない。高感度ノイスは多めのようだ。SONYになってどうにかなりそうなものだげ、ポリシーでもあるのだろうか?

ソニーでは35mm判サイズの撮像素子を搭載するフラッグシップモデル「α900」の下位に位置する中級機としている。「CP+2011」などで参考出品されていた製品の正式版。

「α」と「7」という数字は、ミノルタ時代には「本気」の証だったと思う。
画像
発表会の冒頭では、ソニー業務執行役員SVPパーソナルイメージング&サウンド事業本部長の高木一郎氏が新製品および全体戦略について説明した。
また、今回発表したカメラがいずれも採用する自社製CMOSセンサー「Exmor」は、マイクロフォーサーズカメラの撮像素子に比べて1.6倍の大きさがあり、高感度、低ノイズ、ボケ味において有利であるとアピール。同社においては「絵を描くキャンバスは大きくあるべし」というコンセプトに基づき、APS-Cサイズ相当の“大判センサー”を採用しているという。

・・・本当に分かっているのだろうか?
センサーは、単に大ききければいいという訳ではない。
大きくなることのデメリットをキチンと把握しなければ「大きければいい。大きい方が良い」という発想はデジタルにはあてはまらない。

「NEX」シリーズは、明らかにレンズに無理がある。
フォーサーズに対抗しながら、実はフォーサーズの長所を分かっていないようだ。

デジカメは電子的なものだが、レンズはアナログである。
センサーが大きければ、レンズはそれに見合った大きさが必要になる。

フランジバックは、フィルムカメラと超広角レンズにおいては、短い方が良いといえる。
いや、違う。
フランジバックは関係ない。ミラーがなければ、レンズとフィルム面の距離を自由に使えるので、超広角レンズの設計がし易い、ということだ。

これはフィルムカメラに限ったこと。

デジタルカメラのセンサーに対しては、むしろフランジバックは多く必要となる。

ソニーのNEXは、この点を基本的に思い違いをして「センサーは大きい方が良い」というヘンな価値観に乗っかり、誘導しているようなもの。
カメラを作る方がカメラを分かっていない、ということだ。
もっとも、これは「ミノルタ側」でなく「ソニー側」の規格か?と思ってしまうが。

大きなセンサーで有利なのは、高感度性能だけだ。
よく「ボケ、ボケ」というが、ボケればいいというものではない。
そんなもん、ボケを知らないコンパクトカメラからの移行者とかが、面白いと思うだけで、使いこなすのが難しいだけだ。
単に、価格コムとかのヘンな価値観に乗った、マーケティング商品ということだ。

NEXは、カメラは無いかの如く小さいが、レンズは大きくなる、という矛盾を背負ってゆくだけの機種だと思う。
この必要以上の小ささ、というか「薄さ」にはメリットは無いと思う。

画像
反面、このレンズ交換式ビデオカメラの新製品「NEX-VG20」には興味がある。
とても買えないけれど・・・

有効1,610万画素のAPS-CサイズのExmor CMOSセンサー搭載。

これは、ボケた動画を撮れるのが良い。
動画の場合に、主題を引き立たせるボケはとても有効である。

それは、人間の目がボケないからだと思う。
静止画では、ボケた画像は当たり前のように認識するが、動画は動くことで「目で見た映像に近い」いや「同じ」と認識したいが、それがボケると、普段ボケて見えない映像がボケる、という「違和感」により、より効果的になるわけだ。

これは使ってみたい。

・・・・しかしながら・・・・

もうすでに、動画はパナソニックで考えているし、一眼レフも、ニコンでシステムを組んでしまった。

ソニーに手を出すことは・・・無いと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
他社と違う事して、高値を付ける言い訳にしたい部分があるのだと推察します、、、
この辺りはスバルの車にも感じるところです。

ミノルタの技術者が横滑りでデジタル部門に異動したため、ノイズの件も健在?なのでしょう、、、。

カセットテープ仕様の・ウォークマン・の思想は高性能でも高級でもなかったはず、、、ペンタックスのQに先越された感があります。
007
2011/08/26 14:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
SONYの新型 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる