倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 自殺を激減させた看板?

<<   作成日時 : 2011/09/30 18:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
Twitter上にこんな画像があった。
確か「自殺を激減させた看板」とかいうものだった。

!!!お見事!座布団3枚!!

これホントにあるのか知らないが、まさに、言い得て妙。的を射ている・・かも知れない。
(なんか「作ったっぽい」けどねぇ・・・)

最近、紙資料のデジタル化をしているのだって「死んだとき残す物を少なくする」という大テーマがあるからだ。

以前、知り合いのお父さんが亡くなられて、その方は写真が趣味だったのだけれど、遺族は、残った膨大な写真の処理に困ってしまった、ということを記事にしたことがある。

「なるほど、そうだよな」と思いつつ、家族が写っている写真を残して、あとは処分しても構わないんじゃないか、と、アドバイスさせていただいた。

カメラも、遺族が欲しい物を除いて、処分してもいいと思う。


・・・そういうもんだ・・・と思った。


「死んだらゴミになる」ものが多いというわけだ。

私が集めている声明の資料・書物などは、まあ、価値があるだろうが、興味が無い人には二束三文。
しかしながら、それなりに価値はあると思うから、いらなければ、私が死んだときに売れば、それなりに値段も付くと思う。
宗派の機関に寄付しても良い。

しかし、それ以外の雑多な物は、それこそ「ただのゴミ」である。

「恥ずかしい物」も、い〜〜〜っぱいある。

そういう、わたし一代限りの物は、デジタルにするのが相応しいと思う。

「そうか、実体を残さないで溜め込むことができる。・・・このためにデジタルの発展はあったんだよ」

・・・というように思ったりしながら、どんどんデジタルにしちゃう。

いずれ、子供に残してあげる写真も、ネガフィルムからデジタルにしてあげなきゃいかんな、と思っている。

できるうちに。

HDDにあるものなどは、私が死んだら家族が見るだろうか?・・・・見ないだろう。

HDDに入れちゃえば良い物は、ドンドン入れちゃおうと思う。

記憶も緩くなってきた感がある。・・・アチコチに置いても忘れるだけだ。

「今」がキーワード。「今」使えなければ意味が無い。「今活用する情報」が肝心。

取って置く物と、活用する物・・・・。

例えば過去帳。・・・これはキチンと和紙に墨で記録しておく必要がある。

これはデジタルにはできない。

檀家さんの住所録などは、ファイルメーカーなどのデータベース化しておくことで便利に使える。
しかし、これもキチンと紙に残しておくべきと思う。


この「使う物」と「残す物」との区別である。

これをシッカリ認識しておくべきと思っている。

紙情報のスキャンを重ねるうちに、だんだん分かってきた感がある。

「断捨離」というのは、本来は「所有」を放棄する、ということだと思う。
禅宗の僧侶が、本当に最低限の物しか所有物を持たない、ということで、巷にある「断捨離」もどきとは違う。

捨てちゃだめ、捨てたくない。そういう物を限りなくゼロに近い質量で取って置くのがデジタルで可能になったと言える。

「一見断捨離もどき」という状態を、デジタルなら作れると思って、せっせとスキャン!

たぶん、自分の知的な財産になるであろうと、信じて。


立つ鳥 後を濁さず・・・逝く人 後に残さず・・・

・・・なんてなことを考えていたりする、今日この頃・・・




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お見事!
私からは座布団5枚!

・・・ついでに、ケータイの履歴も消そうネ♪
つる
2011/10/01 20:33
どきっ!!
そうそう、ケータイは、いけませんよね・・・大変な事になる・・・?
・・・ダイジョウブ、逐次消しているから(^_^)v・・・って?
三日ボーズ
2011/10/01 21:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
自殺を激減させた看板? 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる