倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS オリンパス E-PL3 購入

<<   作成日時 : 2011/12/15 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 3

画像
オリンパスのデジカメ「E-PL3」と、パナソニックのマイクロフォーサーズ用のレンズ14mm(35mm換算28mm)をオークションで落札しました。
ブラックボディを選んだら、違和感なく着いている感じがします。

E-PL3は、38,000円で、14mmは、14,980円。

それぞれ、マップカメラの中古の相場が、だいたい47,800円と19,800円ですから、まあ、お買い得ではあったと思います。
E-PL3のレンズキットの中古が5万円位でありますが、レンズキットのレンズは要らないのと、始めからこの14mmを使いたかったということがあって、別々の購入となったわけです。

キットレンズのようなズームレンズが必要になったら、パナソニックG1に着いていたキットレンズが使えます。
徒にレンズは増やしたくありません。

それにしても、このレンズとボディは、両方とも「レンズキット」だった物です。
キットだった物の、片方はレンズが残り、片方はボディが残った物がオークションに出され、それを私が合体した、という訳です。

現在、E-PL3だと、標準ズームレンズが一本着く「レンズキット(ブラック)」は「価格.com」の最安値が、55,915円で、ボディだけが55,358円。
ほとんど同価格です!

レンズの代金はどうなってるの??・・・という状態。

因みに、望遠系のズームも着く「ダブルズーム」というものだと67,149円!
ボディを差し引くとレンズ2本が1万チョイ、という事になってしまいます。

「流通の妙」ということでしょう。
レンズキットが当たり前で「ボディだけ」という流通はほとんど無いものと思えます。
故に「ボディだけ」の値段だけが落ちないのでしょう。

ネットで価格の比較が簡単にできてしまう、ということも、この不可思議で、矛盾に満ちた状況に拍車をかけているのだろうと思います。

オリンパスに限った訳ではありません。
どのメーカーも同様の状態です。

おそらく・・・

既に、同じメーカーの違うカメラを持っていて、新しい型のを買い増しをするという場合にも、ボディだけを買うのはおばかさん、で、ネットで調べて、安いレンズキットを買って、既に持っている「レンズを売る」ということをすれば、その代金分が帰って来て、結果としてもっと安く買える、ということになって、レンズだけ欲しい人、ボディだけ欲しい人が買った「レンズキット」の「残り」がオークションで出回る、と言う状況になっているのでしょう。

これでは、もはや、かつてのような「カメラへの愛着」なんてものも半減するでしょう。
チョットしたマネーゲームのような感じです。

ま、私もそれに乗っての今回の買い物だったわけで、それなりに、中古で買うよりも新品を安く買うことができて、お得な買い物をしたということになります。

今回の出品者は、両方とも、どうも業者のような感じなんですよね。
だとしたら、どういうことでしょうか?

バラしてオークションにかけている、ということかと思ってチェックしましたが、そうでもないようです。
同時には出ていませんでしたが、そうしていたのかも知れません。

しかしながら、最安値で購入したものなどは、レンズキットをバラしてオークションにかけても、ちょっと高く売れて、儲かるかも知れません。

もしかしたら、安売りに対抗するための小売店の手法なのかも知れません。

ほんと、デジカメの価格は、不思議な状況になってます。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
想定外、でした、、、

てっきりX10だとばかり、、、

小生の場合、コンデジIXY f200とF550EXが現場仕事でフル稼働です、、、D80とGF1は寝てます(^_^;)
007
2011/12/16 08:14
私も想定外でした (^_^;)
とにかく、オリンパスのアートフィルターってものが気になってしまったのです。
これは、写真を撮っていて経験のないことです。
このアートフィルターでは、例えば「粗粒子・高コントラスト」とか、その仕上がりを見ながら撮れるんですから、驚きですし、同じ被写体を、モードを変えて撮るということも、デジタルならではのものです。
例えばX10だと、これまでの延長でしかないですが、まったく違う写真の体験という点で、デジタルの面白さだと思うのです。
フィルムだともの凄く苦労するものが、いとも簡単に撮れちゃう、という、長年の技術と経験が一気に無になるような落差を落ちる感じも面白いです。
自虐的に (^^)・・・(T_T)

三日ボーズ
2011/12/16 08:36
[X10だと、これまでの延長でしかない、、、]、、、ナルホドそうですね、そうなんです、そこですね、デジタルの優位性で色んなモードが試せる!、、、

その優位性に着目し、作品造りをするならば、意味ありますね!、、、

、、、という事は、今後三日ボーズさんのモノクロ作品を拝見出来る?、、、ということでしょうか、楽しみですね(^−^)
007
2011/12/16 14:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
オリンパス E-PL3 購入 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる