倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 誰でも「森山大道」になれる?

<<   作成日時 : 2011/12/16 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
このブログの初期の頃・・・
「デジカメの解像度はフィルムの粒子を超えた感がある。粗粒子・高コントラストにして(森山大道モード)ってのもできるんじゃない?」と書いた記憶があります。

それが、現実になってしまいました。
だいぶ前からオリンパスのデジカメの中には「アートフィルター」というものが結構充実していて、その中に「ラフモノクローム」というモードがあり、これが、正に「森山大道モード」とも言うべきものなのです。
モノクロフィルムを高温の現像液で現像して粒子を荒らし高コントラストした感じに仕上がるのです。

これまでは「なんだかなぁ・・」と思っていましたが、これのおまけに「フレーム効果」というのが付きました。
トリミング無しでプリントする時に、意識的に引き伸ばし機の、フィルムを挟むフィルムキャリアのフレームを焼き込むのと同じ効果を加えることができるようになって・・・これを使って見たいと思ったのです。

画像
他に「ドラマチックトーン」というのも使ってみたいと思っていました。
「ドラマチックトーン」に「フレーム効果」を加えた写真の作例がとても良い雰囲気を醸し出しています。

フィルムで撮るものを、仮にデジタルでやったって、ホンモノが良いに決まってる、とか、こんな紛い物が良い訳ないじゃん、と思っていましたが、そもそも、これから35mmのモノクロで粗粒子現像なんてなかなかできません。
それを簡単にできるなら、やってみたいと思ったのです。

オリンパスの「アートフィルター」は、最上位機種 E-P3 だと、アートフィルターの効果もそのかかり具合など色々調節して撮ることができるようですが、そこまでは要らないと思い、下位の E-PL3 にしてみました。

実際にやってみたら、これが面白いのです!
粗粒子・高コントラストの写真が、簡単に、しかも良い感じに撮れちゃうのですよ。
すぐ飽きるかも知れませんが、これは楽しめそうです。

画像
レンズは、パナソニックにも使えるように、というか、もともとパナソニックのカメラに使ってみたかった、パナソニックの14mmをチョイス。
薄くて、E-PL3 に着けて良い感じです。

20mmもそうですが、絞り開放付近での、僅かな周辺の光量落ちと、ソフトな感じがとても良いレンズだと思います。

ただ、E-PL3・・・我が手には小さすぎでした。
E-P3くらいの大きさが丁度良かったのかも知れません。

ホントなら、E-P3に、12mmのレンズを使いたいところですが、ちょっと高すぎ・・・でした。

遊ぶには、これくらい(値段)のところかな・・・と思っております。

画像

・・・あ、そうそう・・・

森山大道さんは、実際にはリコーGRDとかを使って、モノクロモードで、コントラストを上げてプリントして作品を作られているようで、粗粒子モードは使われていないようです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
小生もコンデジで試しましたが、簡単にモノクロが体験できて、、、

便利だな!と思いました、、、しかしながらモノクロはあまり好みでは無く、、、カラーでやってます。
007
2011/12/16 04:24
モノクロで、ハイライトからシャドーまでのトーンを出すことはとても難しいことですが、デジカメのモノクロモードは、それを実に簡単にやってくれます。
大判のカメラを使ってもなかなか出ないトーンが、しかも、粒状感無く出てしまいます。
結局、モノクロの滑らかなトーンを求める写真というのは、これだったんじゃないか?という感じがします。
プリンターを選びますが、きちんとプリントしたモノクロを見ると「フィルム→印画紙」を超えたものがあります。
ブレッソンのような粒状感が美しい写真は、デジタルではなかなか難しいですが、現像ソフトでは「ノイズを乗せる」ということもできるので、追求すればかなり追い込んだ作品作りができるんだろうなぁ・・・と思います。
そこまでやる気は起きませんが。
三日ボーズ
2011/12/16 07:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
誰でも「森山大道」になれる? 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる