倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS キヤノン PowerShot G1 X

<<   作成日時 : 2012/01/10 19:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
フジフイルムの「X-PRO1」に気をとられていたら・・・
キヤノンが「PowerShot G1 X」を発表しちゃいました。

発表ラッシュが嬉しいですねぇ。

ズームレンズ一体型。
撮像素子が18.7×14mmのCMOSセンサー!!
これは、マイクロフォーサーズの17.3×13mmに近い。
アスペクト比は4:3。
画素数は1,430万。
ちなみに、EOS Kiss X5のセンサーサイズは約22.3×14.9mm。

感度はISO100-12800。
画像処理エンジンにDIGIC 5を採用。RAW記録も可能。

レンズは焦点距離28-112mm相当(35mm判換算)、F2.8-5.8の光学4倍ズーム。

手ブレ補正機構はレンズシフト式のIS(Image Stabilizer)で、補正効果は4段分。
PowerShot上級機が搭載しているハイブリッドISも採用する。
また新たに、Intelligent ISを装備した。
焦点距離、フォーカス距離、カメラの動きを分析し、最も適したISモードを適用するもの。

・・・ということらしい。

高感度が良いだろう、というのがキモであります。
オマケに、ブレ補正が良さそうなので、その分、シャッター速度を遅くできるのであれば、トータルで暗所に強いということになるかも知れません。

PowerShotが、G12まで行って「 G1」に戻ったのも意味ありげ・・・というか、13・14・・・とかにしたくなかっただけかも知れませんし、センサーが大きくなって、Gシリーズが新しいカテゴリーになってゆく、ということなのかも知れません。

液晶モニターは3型92万ドットバリアングル式。ズームに連動する光学ファインダーも備えている。

・・・というあたりもポイント。

大きさは「G12」とあまり変わっていない感じですが、ちょっと大きいらしいです。

これが、キヤノンによる、マイクロ・フォーサーズとかのミラーレスへのひとつの対抗馬なのかも知れません。

レンズ交換式も、当然、考えているのでしょうが。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
キヤノン PowerShot G1 X 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる