倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS オリンパスの一眼レフ「OM」が復活?

<<   作成日時 : 2012/01/22 00:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
19日付けのmsn産経ニュースなどによると、オリンパスの銀塩一眼レフカメラOMシリーズを復活させ、ミラーレス機の最上位機種として今春発売するという。名称は「オリンパスOM-D」で、1973に発売された「OM-1」に似たデザインだとしている。・・・・この報道が流れました。

同報道では「約30年間続いたシリーズ名を復活させ、巨額の損失隠し問題からの再生を目指す象徴と位置付ける」のだといい、また、スペックについては「画素数は約1600万画素。価格はレンズ付きで10万円超を想定している」と記載しています。

これについて・・・オリンパスは・・・

オリンパスは20日、「『OMシリーズ』を復活させた『ミラーレス一眼カメラ』を今春発売する」との一部報道について、「当社から発表したものではなく、話せることは何もない」(広報・IR室)とコメントしたということです。

また、これを受けて、ヨドバシのHPでも・・・

2012年1月19日一部報道機関より「オリンパスがカメラの名機"OMシリーズ"を復活させ、今春にミラーレス一眼カメラ最上位機種として発売する」との情報が発信されました。
2012年1月20日19時現在、オリンパスからの正式なコメントは確認できておりません。
ヨドバシカメラでは真偽の確認も含め、鋭意情報収集中です。
もし本当にOMシリーズが復活するのであれば、本当に楽しみです。
追加情報については、詳細がわかり次第随時こちらのページにて案内させていただきます。

・・・・という記事が書かれていました。

オリンパスがミラーレスのハイエンドクラスのミラーレス・カメラを開発中であることは公言されていたと思います。

その開発中のカメラが「OMっぽい」という可能性はありそうなことでしょう。

E-P1で「ペン」を復活させて成功したオリンパスが、もうひとつの歴史的ブランド「OM」を復活させる可能性は高いと見ることができると思います。

これは、果たして、スクープなのか?
画像
←オリンパスOM-1。
それまで小型と言われていたペンタックスよりも小さく「精緻の結晶」という宣伝コピーがピッタリくる物でした。
友人が「M-1」という稀少モデルを持っていましたっけ。
初め「M-1」だったのが、ライカだったか、商標にクレームを受け、途中で変えたのでした。

ファインダーの画像倍率が高く近くに見え、見え具合も、ピント合わせもやりやすくて、小さくしたデメリットは感じられませんでした。
シャッター音、ショックも柔らかく、ブレない感じもしました。
ただ、私の手には「小さすぎ」でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オリンパスの一眼レフ「OM」が復活? 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる