倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS 高野山を撮る

<<   作成日時 : 2012/02/17 15:44   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
・・・ってたって、そんなに真剣に撮ってませんが・・・

今回は、常楽会の全体の細かい時間配分のチェックと、声明を考えることだったのですが、作品を1カットでも撮れればと思って、それなりの機材を持ち込んでいます。
これが、重いのなんの!

デジタルのニコンD7000と、パナソニックのGH2が中心ですが、もちろん、ニコンF100とFAも持参。

F100には、シグマの 12-24mmと14mmF2.8を。
パナソニックGH2には7-14mmだけを着けていました。

GH2は、画角を変えないでフォーマットを変えているので、これで16:9にするのが、一番広く写る、と踏んだわけです。

これは、論文というか、レポート添付の写真用。
D7000も、レポート添付用が主ですが、やっぱり、写真的に撮れるカメラだと思いました。
画像
夜明け前に不意に降ってきた雪に、素早く対応できたのはD7000でした。
限られた時間で、乱写するにはデジタルは良い物です。
露出やアングルなどを確認しながら撮れるメリットは大きいものです。

良い写真、作品となるか?・・・という点では、まだ追い込み不足ですが、それなりに撮れたと思います。

しかしながら、デジタルカメラとフィルムカメラを持って来て、両方撮るというのは、お利口なやり方ではないかも知れません。
何としてもフィルムで撮るのだ!という決意というのもが必要だと思います。

写真を撮る心がかなり鈍っている、と感じます。
念のため持って来た二本だけのポジフィルムを、ここで使うことができましたが、先日見てきた古賀絵里子さんの写真になど、その足下にも及びませぬ。
画像
結局、どうしても、あれもこれもと欲張ってしまって、ついつい、機材が重くなってしまって、フットワークが悪くなる、という結果になるようです。

機材は、2年前頃から、リュックタイプのカメラバッグにしました。
ショルダーだと、つらいし、体が曲がります。

いよいよ「ゴロゴロ・バッグ」にするか?・・・と思ってしまいます。
キャリーバッグは、迷惑を感じてばかりなので、自分では持ちたくない、と思うのですが、さすがに、歳には勝てない、ということにもなりそうな予感がします。

新幹線の上の荷物置き場(なんて呼ぶの?あれ)に持ち上げようとして、五十肩が痛かったり・・・情けない状況でもあるので、そろそろ・・・でしょうか?
画像
さて、この高野山ですが、実は昼間行ったのは、一番最初に行くときに、その前に、シミュレーションとして行った時だけでした。
何せ、夜行くので、間違えたら後戻りができませんから、間違えないようにと、本番前に一度行ってみたのです。それも、スグに帰ってしまったので、昼間の高野山をほとんど見ていません。

今度は、昼間来てじっくり相対して見たいと思います。
できれば、正御影供を見てみたいものです。

高野山は、写真を撮ろうとすると「撮るモノだらけ」という感じです。
「撮らされてしまう」という感じがします。
古賀絵里子さんの写真は、それが感じられませんでした。
「高野山らしい、誰が見ても高野山!」という写真はありませんが、きっと一冊の本になるか、ギャラリーに展示されれば「ああ、高野山だ!」という写真になるものと思います。

古賀さんの写真を見て「オレには高野山は撮れない」とすら思ってしまった後だったので・・・

画像

・・・結局、今回「やっぱり、ダメだ」ということの念を押しに行ったようなものだったと思います。

どうしても、レポート添付の写真は「印刷用なのでデジタル」という思いがあって、迷いがあったのです。
今回は、前回より良い写真が撮れる条件がなかったので、作品作りは早々に諦めてしまいましたが・・・

悔いなく終えることができた、と思います。

さて・・・・これからは・・・



●使用機材●

ニコンD7000+トキナー11-16mm
       +ニコン16-85mm
       +ニコン70-300mm
       +シグマ50mmマクロ
パナソニックGH2+7-14mm
ニコンF100+シグマ14mm
      +シグマ12-24mm
ニコンFA+ニコン20mm

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
多くの機材を運ぶには「ゴロゴロバック」は最適と思います、、、
・ロゥープロ・に良いモノがあるようですが、、、

小生の場合は併用は無しで、、、例えばフィルムなら、F100+300mmf2.8と28-80f2.8とか、、、645AFD+35mmf3.5と80mmf2.8、、、RB67+C50mmとKL90mmとかで、、、

デジならば、D80+18-200mmとIXY200f、、、F550EXR+IXY200Fとかでやっております、、、九州への旅はD80+18-200mmとGF1+7-14mm+14-45mmでした。
D80とGF1のコンビはお気楽にも、ある程度の本気撮影にも対応すると感じました、、、D80クラス×2台体制は重々しい?ような気がします。

その現場で何を如何撮るのか、撮れた結果を何に使うのか、、、
それら基に総合的に判断し、機材を選定する行為は少し悩ましく、楽しくもあります(^−^)v。。。
007
2012/02/18 04:44
折角の機会なので色々楽しみたい、と思って欲張るのがイケナイと思いつつ、体力との兼ね合いで何とかなるべ、と「気合い一発!」になることが多い訳です。
三日ボーズ
2012/02/19 23:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
高野山を撮る 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる