倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS キヤノンG1Xを試す

<<   作成日時 : 2012/03/09 21:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 3

画像
帰った時には暗くなってしまったので、色々試せませんでしたが、とりあえず、近くにあったもので、高感度を試してみました。

上がG1、下がニコンD7000で、共に「ISO3200」です。

蛍光灯下で、まったくテキトウに撮ったもので、ブレ・ボケが多少ありそうです。
それもカメラ任せ。
ニコンには16-85mmが着いています。
ブレ補正オン。

色とかは別にして、ノイズを見ると、ほぼ同じ感じです。

どちらもJPEGですが、キヤノンがちょっとメリハリがある感じです。

これ以上の感度だと、実用範囲を超えると思います。
ただ、高感度=粗粒子と思っている私(の世代)には、これ以上「粒子」が荒れても、全然問題になりません。少しでもザラつくのが嫌、というデジタル世代には、これ以上はどうかと思います。

画像
まったくテキトウに撮ったものなので、全然厳密じゃぁあ〜りませんが、ノイズの感じは分かりました。

露出などもカメラ任せなので、バラツキがあります。
こんないい加減な比較はイケナイのでしょうが、ノイズ感のみのテストと思ってください。

プリント等もしてみないと分かりませんが、ISO3200でバッチリ使えそうです。

実際には、かなり効きそうな「ブレ補正」との兼ね合いで、使用感度は落とせます。
ISO1600辺りで常用できそうな感じがします。

シャッターの確認をしてなかったですが、あくまでも「コンデジの延長」ですから、フォーカルプレーンではなく、シャッター音は無音にできるので、法要の取材など、音がはばかられるような所では、G1Xの独壇場になると思います。

この感じだと、テーマを追った作品的写真を撮るとき以外に「研究資料的写真のみ。録音も録らなくちゃ」・・・という感じの時には「これだけ!」で大丈夫そうです。
これは有り難い!

画像
ちなみに、
←これは、パナソニックGH2(未バージョンアップ)で、ISO3200にして撮ったもの。
解像の甘さと、ノイズが目立ってきます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
やはりG1Xの画像はいいのですね。ノイズもかえってD7000より気にならないような気もします。
ありがとうございました<(_ _)>
34n
2012/03/09 22:23
高感度の画質向上は素晴らしいですね、、、

ISO3200まで使えそう、、、とは驚きます、、、小生持参のD80やGF1等はもう過去のモノです、。

高感度に着目すると現場写真に重宝します、、、コンパクトさも必要ですが、。
007
2012/03/10 03:35
G1Xは大きいですね。
結局、富士のX-Pro1と高さは同じくらいですし、重さもあり、レンズの出っ張りも大きく、携帯性は悪いです。
三日ボーズ
2012/03/10 07:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
キヤノンG1Xを試す 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる