倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS キヤノンG1Xを試す(その2)

<<   作成日時 : 2012/03/10 00:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
G1Xの高感度を見るために、もう少しちゃんと撮ってみました。

上からキヤノン G1X 。ニコン D7000 。パナソニック GH2 。
どれもISO3200。
等倍で切り抜き。
ブログアップの際に、画像はちょっと小さくなっているものと思います。

いずれも、最良の画質モードにして、高感度ノイズリダクションは「標準」にしています。
センサーのノイズ性能を見るならば、ノイズリダクションは OFF にすべきでしょうが、その状態で撮ることはないと思うので、実用的ではなく、実用に即したテストと思ってください。

何だか、キヤノン G1X が、妙にスッキリしている感じがします。
とても ISO3200 には見えない、という感じです。

何だか、良いと思っていたニコン D7000 があんまり良くない感じになってしまいました。
画像
こんな筈じゃなかった・・・んですが、おそらく、キヤノンの画像処理が良いのだと思います。

G1Xのセンサーは、フォーサーズよりも気持ち大きいくらいで、ほぼ同じ大きさといって良いと思います。
ということは、やっぱりパナソニックのセンサーは明らかに高感度性能が悪い、ということですね。

これからの進化に期待したいものです。

このパナソニックの高感度性能が現時点で良くない、ということが、G1X購入の一番の理由であります。

例えば、本山の金堂で法要の写真を撮る、という時に、パナソニックではちょっと厳しいのです。
他にも、法要をフラッシュ無しで撮る、という時に、薄暗い本堂内で、ある程度ちゃんとした写真を撮るには高感度性能と、ブレ補正に頼るしかない、というケースもあります。

高感度性能と、ブレ補正。
その両方で、G1Xに期待いたしました。

どれ位のシャッター速度まで、ブレ補正が効いてくれるか?・・・ということも、いずれちゃんとテストしたいと思います。
画像
ニコンD7000には、ミラーの動きを抑えて音を小さくするモードがあるのですが、それでも、シャッター音は結構耳につきます。
パナソニックなど、甲高い感じがして、上品とは言えない音です。
デジタルの性能とレンズの性能で、ある程度の良い写真を撮る道具として、パナソニックの G1と GH2 を使っていますが、カメラとしては、関心できません。

これから出るであろう「GH2」の後継機にも期待したいものです。
もしだめなら、オリンパス OM-D がある安心感もありますが・・・。

キヤノンが、レンズ交換式の、いわゆるミラーレス・カメラを出すのかどうか分かりませんが、これはこれで完結しても、良いものと思えます。

キヤノンのセンサーと画像処理の技術でフォーサーズ以上の画質は出せるし、ソニーのように、設計で無理をしてボディは異様に小さくて、レンズは異様にでかいAPS-Cセンサーのカメラよりは、レンズ交換をしなければ、レンズを小さくて性能を出すことはできる、という・・・
キヤノンの、現時点での他メーカーのミラーレスカメラへの回答なのかも知れません。

それぞれの欠点を、コンパクトカメラの延長としてのカメラに盛り込んできた、というのは、キヤノンの挑戦状かも知れません。
キヤノンの技術なら、こういうのも作れるゾ!・・・という物のように思えます。

あ、そうそう、褒めてばかりもいられません。

レンズにフィルター用のネジを切っていないのは何故でしょう。

レンズ保護フィルターを着けるためには、フィルターアダプターというものを着けて、その上に着けなければいけません。
おまけに、このアダプターのバヨネットが緩い感じがして、取れそうです。
このアダプターのネジは58mmなので、そのフィルターを着けると、もともとあったレンズキャップが着きませんし、フードも着けられなくなります。
フィルターかフードかも、二者択一になります。

どして?


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ニコンの方は後で、「パソコンでキッチリ補正してね」という画像の出し方?でしょうか、、、

GX1はこのまま「自家製プリンターでダイレクトプリントしてもOK」的なのかも?、、、
フィルターとフードの関係は、コンデジからの継承で進歩がないですね、、、まあキャノン割り切りで、「素のまま使って」との想定かも知れません、、、それ以上は一眼でどうぞ的に、。
007
2012/03/10 03:46
次はレンズ交換可能な「G1X-PRO」?が出るかも、、、フジみたいに、。

より広角側と望遠側、、、そしてマクロレンズの要求を満たすためにも、、、。
007
2012/03/10 04:03
単に、露出の問題もあるでしょう。
やっぱり「基本コンデジ」なG1Xは、明るめ露出という感じです。
三日ボーズ
2012/03/10 08:32
普通だと「ISO1600」がリミットです。
ノーマルのオートだと、そこまで、です。
1600をリミットにして、あとはブレ補正で対応するという考えのようです。
実際、動いているものでなければ、これで大抵の物は撮れると思います。
三日ボーズ
2012/03/10 12:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
キヤノンG1Xを試す(その2) 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる