倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS キヤノン PowerShot G1X 実働

<<   作成日時 : 2012/03/19 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
今回の、長谷寺行きには、デジカメは「キヤノン PowerShot G1X」だけを持って行きました。
すべてを一台で撮ってみる、ということで、キヤノン PowerShot G1Xの使い勝手を試すものです。

実は、ここで試したいために、購入を急いだわけでして。

でも、やっぱり欲張ってもう一台、フィルムカメラ「ライカM6+ツァイス21mm F2.8」持参。

で・・・

キヤノンG1Xは、やはり、とても写りの良いカメラでした。
暗いところの写りも含めると、パナソニックのG1とか、GH2とかの上を行く感じです。
ISO1600相当で、当たり前にキレイに写る感じですし、ブレ補正も良いようなので、これを併せれば ISO1600相当で、大概の物は撮れる気がします。

「使い勝手はコンデジで、写りはAPS-Cに肉薄するもの」・・・と思います。

基本的にコンデジですが、コンデジと思うと大きく重いです。
でも、一眼レフとか、パナのG1・GH2とかを持つことを思うと、小さいものです。

このバランスが、コンデジとミラーレス一眼の間にできた「ニッチな物」なのか、という感じですね。

ピントのスピードもコンデジ感覚ですし、ファインダーがあっても、これもこれまでのG12とかの物と同様、付いてるだけ、という感じ。
フジフイルムの「X100・X Pro1」のようなファインダーではなくて、視野率も見え方もオモチャみたいなもの。
かなり、ブレる確率が高そうなときに、安定させるために、アタリをつける感じで覗くような使い方になるのだと思います。

このカメラは、やはり、ブレ補正を生かして液晶ビューファインダーで撮るものでしょう。

露出は、だいたいオーバー目に出るようで、私は基本的にいつも−1/3にしていて、場合によっては−2/3、マイナス一段を多用していました。

RAWは使っていません。
露出補正がダイヤルで簡単にできるので、JPEGでキチンと出る露出を求められると思います。

ポジフィルムと同じで、飛んでしまったところは救えません。
デジタルでは、コントラストやトーンの加工が後からできるので、RAWで撮るときもハイライトの部分の出方を見ながら、どこまで飛ばしてよいか、ダメか、ということを注意する必要があります。

ハイライトの部分を出すのか?、または、シャドーを出すのか? どれ位出すのか? これは撮るときに決められるなら決めておいた方が良いと思うのです。
折角のコンデジの使い勝手ですから、その延長で考えた方が良いカメラだと思います。

普段はそこまで気にしませんが、キヤノンG1Xくらい写りが良いと、ソコまでやる意味はありますし、また、そういう使い方ができるカメラだと思います。

本堂内など暗い所での撮影で、音を嫌うケースでは、最も良いカメラだと思います。
シャッター音は、完全に無音にはできませんでしたが「カチッ」と小さなレンズシャッターの音、という感じ。
今回のような取材には最適でした。
用途も、文章に添付するようなもので、印刷が目的ですので、そのための良い写真が撮れます。
(その写真は公開できませんが・・・)

ちなみに、G1Xにはフィルターが直接付きませんので、フィルターアダプター→レンズ保護フィルター→レンズキャップ、となって、余計にレンズが出っ張る感じになります。
フィルターアダプターには、フィルターかフードの二者択一になります。
フィルターを着けて専用フードは付きません。
このやり方、理解できません。
レンズの鏡胴ががカタカタ動きます。これ安っぽい感じがします。

・・・・

もう一台のライカにはポジフィルムを入れて「晴れた日」がテーマの写真を撮ってきました。

このテーマも、このカメラとレンズの組み合わせでも撮ってみたいと思っていて、丁度、青空がキレイな瞬間があったので、初瀬の門前町を撮ることができました。

取材と作品作りが、この2台で済めば、荷物がコンパクトに済んで良いものです。
旅先では「レンジファインダーで撮る」というのも良いかな?と思いました。


画像

そういえば・・・

以前から気になっている写真・・・JR東海の「そうだ、京都行こう」と「今、ふたたびの奈良へ」のポスターの写真。

この周辺の「光量落ち」が何とも言えません。

多分、毎回同じレンズで撮ってるように思うのです。
「始めにレンズありき」という撮り方だと思っています。

マミヤ7用の43mmでもこんな感じになりますが、こういうのを撮ってみたい!!・・のです。

おそらく「このレンズなら」という大判用のレンズは3本くらい買ってあるのですが、カメラが買えない!

・・・なんとかしたいと思っています。

こういう写真、撮りたいなぁ・・・




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス
驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
キヤノンG1Xの特徴を知ることが出来ました。そして、ライカ。。。憧れであります。
34n
2012/03/19 06:58
ライカは、ハーレーと同じく嫌いでしたが、父からの生前贈与で使うことになって「ナルホド・・・」と思っております。
こういうのを使うとき「やっぱり、フィルムで撮るのが写真だな」・・・と思いますです。
三日ボーズ
2012/03/19 07:47
GX1、、、コンデジの親分ですから、コンデジの部分を継承していて、歯痒い処も有るわけですね、、、

以前小生もコンデジ・パワーショットを使い、アダプターでフィルターを装着した事もあり、その辺りは同感です、、、改善して欲しいですね、、

GX1の上級判はその辺りは改善されているかも?知れません、。
007
2012/03/20 12:38
一眼レフのようなフィーリングで撮れるものではないですね。
悪い言い方をすれば、所詮はコンデジ・・というところでしょうか?
コンデジの撮り方で、APS-Cの画質が得られる、と考えれば良いのかと思います。
私としては、もしかしたらパナソニックG1とかの出番が減るのかと思います。
キヤノンG1Xでだいたい撮れちゃう感じがします。
GH2は動画メインで使ってゆくのかもしれません。
この先、パナで良いセンサーができれば良いのですが・・・
現状では、パナのセンサーは、暗い所に弱すぎですね。
三日ボーズ
2012/03/20 18:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
キヤノン PowerShot G1X 実働 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる