倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS モノクロ専用デジカメ「ライカM モノクローム」

<<   作成日時 : 2012/05/14 00:00   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
新開発のモノクロ撮影専用撮像素子を搭載したライカMシリーズのレンジファインダーカメラが出ました。
・・・う〜〜ん・・・

「モノクロに特化して写真の芸術性を探求する世界初のデジタルカメラ」だ、とライカは言っているらしいですが・・・・う〜〜ん・・・

35mmフルサイズで有効1,800万画素のセンサーを搭載。
ローパスフィルターは非搭載。
マウントはライカMマウント・・・う〜〜ん・・・

久し振りのカメラネタですが・・・萎えた・・・・

だって・・・「店頭予想価格は90万円前後の見込み」・・・ですぜ・・・

誰が買うのよ・・・?

これは商品企画として、成功するのでしょうか?
マーケティングなど、ちゃんとしてるんで・・しょう・・ね・・・?

ライカといえば、かつてのロバート・キャパや、アンリ・カルティエ=ブレッソンというカメラマンが、ライカにトライXで撮っていたモノクロ写真の「写真力!」に引き込まれたわけで、ライカと言えばモノクロ!・・という感じはありますが・・・ね。

だからといって、デジタルのモノクロ・・・ですか。

しかも、モノクロ専用に作ったセンサー。
これは盲点かもしれませんが、盲点と言うほどに、注目されるでしょうか?
これにそれほどの価値を見いだす人は、世界中にどれほどいるというのでしょうか?

ライカって、精密機械だから価値があったという感じがします。
精密な時計と一緒。

デジタルの時計が出た時に、正確さでは間違いないデジタルに取って代わられると思いきや、精密機械は生き残りました。
初めは高かったものの、値崩れしていったデジタル時計に、ファッションアイテムとして、道具として、ステイタスとしての魅力は無いのは当然で、そういう文化が確立していたからこそ、機械の時計はしっかりオーラを発しています。

日本の時計メーカーは、精密機械としての良さを世界的に発揮しながら、でも一流にはなれず、一方でデジタル化の波を推進して、機械時計のノウハウを無くしてしまった・・というように認識しております。
(ステイタスとしての時計にはまったく興味が無いので実は良く知りません)

カメラも同様の状況になっています。
日本のカメラメーカーは、機械のカメラを作れなくなっています。

ライカが唯一の存在でしたが、電気化して、挙げ句、デジタル化してしまいました。
何度も倒産の危機を味わってきた会社ですから、仕方が無いと言えば仕方が無いのですが・・・

この値段でしか出せないなら、それは、競争して行く力は無い、ということだと思います。

初期のライカが今でも使えるのは、機械としての魅力です。

まさしく「耐久消費財!」でした。
昔のカメラは、みんなそうでした。
いまでも古いカメラで使えるのは多いのです。

そんな機械として素晴らしいものを、長く使える良い物を作り続けてきたが故に(=買い換えが少ないということ)危機を味わうという、企業のジレンマの象徴的な会社・・それが「ライカ」だと思います。

それが、時流に乗ってデジタルにしても、この価格では時流には乗れません。

業務用の「デジタルバック」という既存の中・大型カメラに着けてデジタル化するものは、100万円超ですが、業務用としては仕方が無いでしょう。

しかし、モノクロのライカ、というのは全くの趣味性。

ライカはモノクロ、のイメージがあるといっても、この新しいライカは、趣味性を追求しながら、価格は業務用という矛盾をはらんでいます。

もう、一部の大金持ちしか相手にせず、それでやってゆける、と踏んでいるのでしょうか?

・・・萎える話題でした。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
カラ―写真が撮れない、モノクロしか撮れないカメラ、、、

昔、白黒TVを経てカラ―TVを初めて観た時の感動は強烈でした、、、

その逆ですね、、、驚きの発想!そして驚きの価格、、、
価格に関してはハッセルも同様ですが、。
007
2012/05/14 02:12
ほぼ、デジタルバックの値段ですが・・・
実用性だけのプロ用デジタルバックと違って、趣味性だけのライカ。
新規格のセンサーにお金がかかったのでしょうか?
他メーカー他機種に転用はできないでしょうから、売れる数からゆくとこの値段?
カンケーないカメラ、ですね。
コレまでのレンズを使うといっても、フルサイズだし、フランジバックも短いし、レンズ後面の反射がバカにならなくて、レンズ後面にコーティングしていないようなレンズは使えないんじゃないっか?・・・なんて思いますが・・
三日ボーズ
2012/05/14 05:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
モノクロ専用デジカメ「ライカM モノクローム」 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる