倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS サイバーショットDSC-RX100

<<   作成日時 : 2012/06/06 15:03   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
ソニーは、レンズ一体型デジタルカメラ「サイバーショットDSC-RX100」を6月15日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は7万円前後の見込み。

撮像素子は1型(13.2×8.8mm)有効2,020万画素の「Exmor」CMOSセンサー。最高感度はISO6400。連写合成の「マルチショットNR」や「プレミアムおまかせオート」の低照度認識時にはISO25600を実現するとしている。
レンズは35mm判換算28-100mm相当、開放F1.8-4.9の3.6倍ズーム「カールツァイス バリオ・ゾナーT*」。

う〜ん「1インチ・センサー」ね。
ま、ニコンの流用ってこともないでしょうが、センサーメーカーとして、何でもできるので、こんのもの作れますぅ〜、ってことですね。

キヤノンの「G1x」の線も作ってみちゃったぁ〜ですね。

製品に、緊迫感がないというか、本気さが感じられないというか・・・
「作ってみましたぁ〜」的な感じがします。

「ニコン1」と同じようなものでしょう。

レンズ一体型なら、このセンサーの大きさは中途半端。
キヤノンG1xがあれば、要らない、というポジションね。

やっぱ、なんだか、中途半端だねぇ〜

こういうのをチョチョイと作れるというメーカーの余裕はいいけどね・・・


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
最初からどうもSONYのカメラは嫌いというか、馴染めません、、、
独自のメモリカードを使う発想からして妙な感じでしたから、、、

総合的にG1xの優位です。
007
2012/06/07 18:28
形も、ニコン1そっくりで、デザインのソニーは、どこへやら?って感じです。
三日ボーズ
2012/06/07 19:31
結構大きいのかと思ったら・・・意外に小さい感じ。
でも、ニコン1と較べると、ちょっと頑張って(無理して)小さくしたのかな?という感じもいたします。
APS-Cに近いキヤノンG1xと、1インチのDSC-RX100は「センサーの大きさ」対「ボディの大きさ」という点で、同じ感じなのかも知れません。
ボディに較べてレンズが大きい変なバランスなのは、G1x同様、センサーの大きさに対してギリギリの設計なのでしょう。
ホントにツァイス設計だったら、性能を落として小さくするってことは絶対にしないはずだし・・・。
それにしても、ツァイスのマークが、もの凄く目立って、そそられます。
三日ボーズ
2012/06/18 21:59
センサーの大きさがニコン1と同じだから、中身も同じでしょうか、、、

13.2mm×8.8mmで1インチセンサーと呼称するながよく分からないのですが(^_^;)、、、

小生の場合、比較したらニコンの方が魅力的です。
007
2012/06/20 04:30
センサーサイズの表示は良くわかんないところがあって、対角線なのですが、昔のテレビカメラのビジコンのサイズの表記に由来するそうです。
画素数が2Mなので、違うセンサーのよう。
三日ボーズ
2012/06/20 06:56
センサーの供給はするけど、互いにライバル故に差を付ける?のでしょうか、、、

現代において、画素数の差などを気にする必要は最早無いのですが、。
007
2012/06/20 19:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
サイバーショットDSC-RX100 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる