倫敦巴里

アクセスカウンタ

zoom RSS LUMIX DMC-G5

<<   作成日時 : 2012/08/23 19:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
パナソニックは「LUMIX DMC-G5」を9月13日に発売するということでございます。
店頭予想価格は、ボディ単体のDMC-G5が8万円。

電動標準ズームレンズ付属のDMC-G5Xが10万5,000円前後。
標準ズーム/新望遠ズームレンズ付属のDMC-G5Wが11万円前後とな。

DMC-G5Xの付属レンズ電動ズーム式の「LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm F3.5-5.6 ASPH. POWER O.I.S.」。

DMC-G5W(Wズーム)には、手動ズームの「LUMIX G VARIO 14-42mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.」と、手動ズームの新望遠ズームレンズ「LUMIX G VARIO 45-150mm F4-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.」が付属。

センサーは「新開発!」の有効1,605万画素4/3型Live MOSセンサー。
最高感度はDMC-G3のISO6400に対し、ISO12800。

例えば、動画は1,920×1,080/60p(28Mbps)のAVCHD Progressiveに対応。MP4記録も行なえるようになった、というのが気になるところ。
サンヨーのザクティを吸収することでMP4を搭載しているパナソニック。
パソコンに取り込んで編集するときに便利。
パソコン取り込み前提の撮影には、これがいいのであります。

画像
う〜〜ん、でも、やっぱり「GH3」を見てみないと、何とも言えませぬ。

「LUMIX DMC-G5」の新しいセンサーの性能はどんなものでしょうか?

ソニー製に較べて、明らかに性能が落ちるセンサーは、普通の使用には、まあ、良いのですが、ちょっと条件が厳しくなると、途端に性能が落ちます。

用途も、プリントや印刷用途なら問題ないのですが、やっぱり、ニコンのAPS-C一眼レフと比較すると落ちる感じがします。

現状で不自由なのは、この、パナソニック(GH2)の光りが弱い所での画質と、ピントが合わないのにシャッターが切れてしまうという、ピントがイマイチなこと。


その辺の性能が、ドン!と上がらないと、ちょっと困るのであります。


















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
LUMIX DMC-G5 倫敦巴里/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる